【速報】Liquid Global、仮想通貨の不正流出を報告

ハッキングについて現在調査中

グローバル仮想通貨取引所Liquid Global(リキッドグローバル)は19日11時ごろ、ハッカーによってホットウォレットから資産が流出したことを報告した。

報告によると、流出した銘柄は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)XRP(リップル)、TRX(トロン)、EWT(Energy Web Token)といった銘柄でその規模等詳細について現在調査しているという。

また、ホットウォレット(ウォームウォレット)が影響されたため、資産をコールドウォレットに移動させているという。取引所への入出金は現在停止している状況だ。

その詳細

現在、公式からは詳細は公開されていないが、上記ツイートに掲載されたアドレスから、当初88億円に相当する資産が流出し執筆時にはハッカーはまだ81億円の資産を所持しているようだ。

ビットコインアドレスには106BTC、イーサリアムアドレスには、76億円に相当するETHおよびERC20トークンが送金されていた。

また、XRPとTRXの場合は、合計で11億円の送金が計上された模様だ。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します