Liquid Global、仮想通貨不正流出の詳細を公開

ハッキングの詳細

19日にハッキングを報告したグローバル仮想通貨取引所Liquid Global(リキッドグローバル)は20日、その詳細に関するレポートを公開した。

Liquid Globalは19日11時ごろ、ハッカーによってホットウォレットから資産が流出したことを報告。当初、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)XRP(リップル)、TRX(トロン)、EWT(Energy Web Token)といった銘柄が流出し、調査を行っていると説明。

最新の報告ではその詳細が明らかになっている。以下が流出金額に関する詳細だ。

  • 合計100億円(9,135万ドル)に相当する仮想通貨資産が何者かによって抜き取られた
  • その金額のうち約18億円(1,613万ドル)分のERC20トークンを他取引所の協力を得て凍結されている
  • 69銘柄の仮想通貨がDEXなどのプラットフォームへ送金された
  • Liquid Earnというプログラムが扱っている資産は影響を受けていない

また、流出した銘柄の全リストはこちら で記されており、BTCやETH、XRPのほか、SANDやENJ、UNI、USDC、MKR、LINKなども含まれている。

資産の安全を確保するために、追って通知があるまで仮想通貨をLiquid walletに預け入れないように要請している。

今後の対応

報告書によると、Liquid Globalは今も攻撃の手段などを調査している。

サービスについては、仮想通貨の出金を停止しているが、法定通貨の入出金及び取引などのサービスは依然として利用できる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します