アルトコイン市場は調整安、ボリンジャーバンド考案者は過熱気味の相場に警戒感

ビットコイン相場と金融マーケット

25日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比-1.5%の530万円(48,152ドル)と下落した。

足元の過熱感の反動から、5万ドルの心理的節目で売り圧力が強まっている。ビットコイン反落に伴い、直近高騰していたアルト市場では売りが先行した。

出典:Messari

前日比では、BTCの-1.5%に対しXRP(リップル)が-5.47%、ポルカドット(DOT)が-4.87%と反動安が顕著に。それでも週間騰落率では大幅プラスの銘柄が多く、相場のモメンタムは依然上向きだ。

24日夜には、米マイクロストラテジーが、ビットコイン約4000BTC(1.8億ドル相当)を買い増したことがわかった。

最も多くのビットコインを保有する企業であるマイクロストラテジー社の平均取得価格は26,769ドル。

関連:米マイクロストラテジー、2ヶ月ぶりにビットコイン買い増し

相場に警戒感も

ボリンジャー・キャピタル・マネージメント創立者のジョン・A・ボリンジャー氏は、25日0:46のTwitter投稿で、ビットコイン価格に対して「注意すべき局面であり、利益確定かヘッジが必要になるかもしれない。」と警鐘を鳴らした。

同氏が考案した「ボリンジャーバンド」は、統計学の概念を応用することで移動平均線と標準偏差を組み合わせた有名なテクニカル指標として知られる。

レンジブレイクでトレンド転換していることから、今回も上昇過程の一時的な調整局面だと楽観視する向きがある。

その一方、InTheMoneyStocks.comのチーフマーケットストラテジストであるGarethSoloway氏は、今年2〜5月までに形成した三尊ネックラインで弾き返された場合、最終的に18,000〜20,000ドルまで下落する悲観シナリオが起こり得ると指摘した。

BTC/USDチャート

オンチェーンデータ考察

データ分析企業Glassnodeが23日に掲載した週次レポートにて、引き続き仮想通貨取引所へのBTC純流入が見られた。

「Bitcoin:Net Transfer Volume from/to Exchanges(7d EMA)」は、仮想通貨取引所からの流入・流出の割合を推し量る指標。ここ数ヶ月では、売り抜け期間を経て、アウトフロー超過の買い集め期間へと回帰したことを示していたが、直近では利益確定売りと思われる適度なインフローも確認された。

出典:Glassnode

また、ビットコイン総供給量の84%が3か月間移動しておらず、短期ホルダーの減少と中・長期ホルダーの増加傾向を示した。米投資運用会社ARKInvestのYassine Elmandjra(@yassineARK)氏が指摘した。

半年〜1年間保有されたビットコイン数は、直近4ヶ月の間で140万BTCから2.28倍の320万BTCまで増加した。約3年ぶりの仮想通貨バブルが訪れた2021年初めに購入し、そのままストロングホールドを決断した投資家動向を裏付けている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します