CoinPostで今最も読まれています

USDCの運用機関Centre、ステーブルコインの世界ネットワーク構築を目指す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

グローバル化のための新チーム結成

米ドル建てのステーブルコインUSDCの発行規格を統括する『センター(Centre)』は30日、世界レベルでデジタル通貨と関連サービスを促進する新たなチームを発表した。

センターは決済企業の米サークル(Circle)社と米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースによって設立された、ステーブルコイン発行のための規制と運用の枠組みを提供する標準化組織。USDCのガバナンスや技術関連ロードマップ、オープンソース化などに貢献している。

オープンソースで構築されるUSDCは、センターが定めた報告及び審査要件を満たすことで、適格とみなされた金融機関やフィンテック企業が発行可能な会員制度をとっていることが大きな特徴だ。

新チームは、最高商務責任者、最高リスク・コンプライアンス責任者、最高財務責任者などの幹部を含む6人から構成される。今後数年間で規格の調和とサポートに取り組み、会員の拡大を目指すという。

USDCとは

USDCは米ドルを1:1で担保資産とするステーブルコイン。価値は1ドルと同じように推移する仕組み。コインベースとサークル社の共同事業体「Centre」によって発行される。ステーブルコインの中では、テザー(USDT)に次いで2番目に多い流通量を誇る。

▶️仮想通貨用語集

グローバルネットワーク構築へ

センターは公式ブログで、現在、会員制度とオープンソースの枠組みを活用することで、世界中の様々な金融機関がUSDCを発行することが可能だと回答している。そして、将来的には、センターが「世界中のどの通貨圏からでも参加できるグローバルなスキームとなること」を期待しているという。

昨年12月にセンターのCEOに就任したDavid Puth氏は、今回結成されたコアチームを中心に「ステーブルコインのグローバルネットワーク」を構築したいと抱負を語っている。

最終的にはUSDCのように、他国でもセンターの基準に基づいて構築された相互運用可能なステーブルコインを連携できるように、海外のパートナーを増強させている。

Puth氏は、JPモルガン・チェースやステート・ストリートなどで要職を経験したウォール街のベテラン。センターのCEO就任前には、世界金融市場の重要機関に指定されているCLS Bank Internationalの最高経営者を務めていた。

同氏は、センターをグローバルに発展させるために必要なリーダーシップと運営チームを構築し、センターの会員を、銀行、大手フィンテック企業、金融サービス企業や決済企業、さらには仮想通貨ベースの金融企業まで拡大することを目指している。

現在、USDCの流通量は270億ドル(約3兆円)を超えている。イーサリアム(ETH)、アルゴランド(ALGO)、ステラ(XLM)、ソラナ(SOL)、Tron(TRX)の5つのブロックチェーンで稼働しており、今後も複数のブロックチェーンに導入される予定だという。

関連:ステーブルコインUSDC、Tronブロックチェーンに対応

USDCの透明性

センターは米ニューヨーク州のビットライセンス(仮想通貨事業者が同州の居住者にサービスを提供するための許認可)を保有する事業者。同機関は「USDCは、詳細な財務・運営の透明性を備えたソリューション」であり、米国の規制の枠組みの中で運営されていると強調している。名指しはしていないが、「既存のアプローチ」(他のステーブルコイン)は財務・運営の透明性を欠き、規制されていないオフショアの管轄区域で運営されていると批判した。

センターは、8月22日、USDCの裏付け資産を、より保守的な現金と短期米国債のみに限定する方針を発表。7月に初めて、裏付け資産の内訳を公表したが、今後も透明性を確保する努力を続けるとしている。

関連:米Centre、ステーブルコインUSDCの裏付け資産を現金と米短期国債のみに変更へ

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧