米SECがBitConnect創業者らを起訴 仮想通貨関連詐欺で2,000億円超の被害

BitConnect、2,000億円超を詐取

米証券取引委員会(SEC)は1日、暗号資産(仮想通貨)貸付プラットフォームBitConnectおよびその創業者と関連会社に対し、投資家から20億ドル(約2,200億円)を不正に詐取した容疑で起訴したと発表した。

SECは、5月より民事訴訟を行っていたが、今回その範囲をさらに拡大した格好だ。2017年1月から2018年1月にかけて、未登録のBitConnectを違法に宣伝したとして、その創業者でインド国籍のSatish Kumbhani容疑者を起訴した。

さらに、BitConnectのプロモーションを行っていたGlenn Arcaro容疑者と、その会社Future Moneyについても、BitConnectを宣伝して、2,400万ドル(約26億円)以上の「紹介手数料」と「開発資金」を受け取っていたとして、詐欺罪で起訴している。

Reutersの報道によると、SECは35歳のKumbhani容疑者について、インドに住んでいたことがあるが、現在の所在は不明だとしている。

プロモーターに有罪判決

Glenn Arcaro容疑者はすでに1日、裁判所で有罪を認めた。

BitConnectは実際には古典的なポンジスキーム(ネズミ講の一種)だったが、正当な投資プロジェクトに見せかけていた。

ポンジスキームとは

「出資金を運用し、利益を配当金などで還元する」と説明しながら実際には運用せず、後から参加した出資者の資金を運用利益として偽装する手口。

▶️仮想通貨用語集

司法省によると、Arcaro容疑者は他のメンバーと共謀して、BitConnectの独自トークンや仮想通貨取引を、優れた投資先として不正に売り込んでいたという。

その際には、オリジナルのトレーディングボットや、ボラティリティを利用して稼げるという虚偽の技術をアピールし、多額の利益を得られるとして投資家を欺くこともしていた。Arcaro容疑者は、ソーシャルメディアを活用して、BitConnectが優れた投資先であると思わせる虚偽の発言を行っていたことを認めている。

SECの申し立てによると、BitConnectの運営者やプロモーター達は、投資家の資金を自分達のデジタルウォレットに送金して利益を得ていた。

判決により、Arcaro容疑者は不正に得た2,400万ドル以上の全額を、投資家に返済することになった。

世界中にプロモーターネットワークを構築

SECの訴状によると、BitConnectとそれを創設したKumbhani容疑者は、世界中にプロモーターのネットワークを構築し、プロモーターが行う宣伝活動や投資家への働きかけに対して手数料を支払っていたという。

SECが5月に起こした訴訟では、今回の件とは別に、BitConnectのプロモーターとして容疑者5人が起訴され、現在までにそのうち2人について裁判が決着している。

8月13日に、Michael Noble氏とJoshua Jeppesen氏に判決が下り、不正利益の返済などで支払いを行うよう命じられた格好だ。

関連BitConnect詐欺、元プロモーターらにビットコインなど13億円相当の支払い判決

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します