エルサルバドルのビットコイン導入、協力企業が判明

Bitso、Flexaなどがビットコイン導入を支援

暗号資産(仮想通貨)取引所Bitsoとデジタル決済企業Flexaは、エルサルバドルがビットコイン(BTC)を法定通貨として運用するにあたって協力していることを発表した。

エルサルバドルは、7日からビットコイン法を施行。公式の専用ウォレット「Chivo」が立ち上げられ、すでにスターバックスやマクドナルドなど含め様々な店舗でビットコイン決済が可能となっている。

関連エルサルバドル、スタバなどでビットコイン利用可能に

エルサルバドルのビットコイン法とは

米ドルと並行する形で、ビットコインを法定通貨として認め、市民がビットコインを全ての決済シーンで利用できることを定めている。エルサルバドルのブケレ大統領が推進した法案で、2021年6月9日に議会によって可決された。ビットコインが国の法定通貨として正式に認められる初の事例となった。

▶️仮想通貨用語集

Bitsoが主要サービスプロバイダー

ラテンアメリカの仮想通貨取引所Bitsoは、「Chivo」ウォレットにおける中心的なサービスプロバイダーになる。米国のシルバーゲート銀行と協力して、米ドル取引も支援するという。

Chivoを使って、ユーザーは世界中どこでもビットコインやドルを送金できる。ビットコインの取引を自動的にドルに変換したり、資産を保管しておいて、エルサルバドル国内に200台設置されたビットコインATMから、現金として引き出すことも可能だ。

Bitsoのエンタープライズ部門責任者であるSantiago Alvarado氏は「エルサルバドルの決済構造を変革し、金融包摂を促進する取り組みに協力できることを楽しみにしている」とコメントした。

一方、Chivoウォレットはアプリをダウンロードした国民に1人あたり30ドル相当のビットコインを配布する計画実行の影響で初日でアクセス集中となり、一時停止(現在は使用可能)していた。

関連大規模ロスカット発生 ビットコイン一時1万ドル幅の暴落

Flexaがライトニングネットワーク決済を提供

また、デジタル決済企業Flexaは、エルサルバドルで一部のパートナーや加盟店にライトニングネットワークによる決済の提供を開始した。今後数週間で、すべてのFlexa加盟店にサービスが拡大するという。

ライトニングネットワークとは

ビットコインのトランザクション処理能力を解消するため、レイヤー2を利用したオフチェーン技術のこと。混雑しがちなブロックチェーンの外で取引を行うことができ、取引の高速化や手数料削減につながる。取引の高速化や手数料削減が実現すれば、少額決済が行えるようになるため、それによって新しい商品やサービスが生み出されることも期待されている。

▶️仮想通貨用語集

Flexaは、エルサルバドル以外でも、希望する加盟店にライトニングネットワークによる決済を提供。公式発表によると、加盟店は、「Pay with Flexa」というプラットフォーム上で、法的準拠した安全な方法でビットコインを受け取ることができる仕組みだ。

2社の他にも、様々な企業がエルサルバドルのビットコイン決済システムに関わっている。Athena Bitcoinは、フロントエンドサービスの一部とChivoのATM関連業務を担当。また、Algorandが公式のブロックチェーンプロバイダーとなるという。

11月にビットコイン会議も予定

2021年11月16日から18日には、エルサルバドルでビットコインのカンファレンス「Adopting Bitcoin – A Lightning Summit in El Salvador(ビットコイン採用-エルサルバドル・ライトニングサミット)」も開催される運びだ。

このイベントは、エルサルバドルでビットコインの利用を促進・強化することを目的としている。イベント収益の100%が、ライトニングネットワークの開発に寄付される予定だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します