CoinPostで今最も読まれています

米コインベース、仮想通貨規制について政策提言を行う意向=報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SECによる「Lend」立ち上げ阻止が背景

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースのEmily Choi COO(最高執行責任者)は、同社が仮想通貨規制について国会議員に提案を行う意向があると認めた。Blockworksが報道した。

この発言はニューヨークで開催された大型仮想通貨業界イベント「Mainnet 2021」で行われたもの。Choi氏はこの件の発端となった、「貸付金利商品(CoinbaseLendプログラム)」の立ち上げについて、コインベースが諦めていないかどうかは明かしていない。

背景には、コインベースが計画していた「Lend」という仮想通貨のレンディング商品(最大年利4%)について、同社が米証券取引委員会(SEC)と話し合いを重ねていたにも関わらず、SECが突然、リリースを抑止しようとしたことがある。

レンディングとは

保有している仮想通貨を一定期間貸し出すことで、利息を得る仕組みのこと。コインチェックやbitbankなどの取引所の運営企業が提供するものや、AaveやCompoundなどのDeFi(分散型金融)プラットフォームで提供されているものなどがある。

▶️仮想通貨用語集

コインベースは8日に、SECから法的措置を取る可能性を事前に通知する「ウェルズ・ノーティス(Wells notice)」を受け取ったことを発表。通知は、コインベースが「Lend」プロジェクトを進める場合は、訴訟を受ける可能性があると示すものだった。

Brian Armstrong CEOによると、SECは「Lend」を有価証券とみなしているが、その理由については明確に説明していないという。そして、21日にコインベースは「Lend」の提供計画を取り下げたことを発表した。

関連仮想通貨貸付は証券法違反か? 米コインベースがSECから法的措置前の事前通知を受ける

Choi氏はイベントで「規制のあり方に透明性と明確性がない」と話し、また「公平な競争の場」を確保する必要性についても触れた。同氏はコインベースが、今回の件を業界の問題としてコミュニティと共有し、立法者である議員に向けて、規制に関する提案を行う方針だと示した。

Armstrong CEOが問題点を列挙

コインベースのBrian Armstrong CEOは、本件について8日に経緯をツイートしている。問題の所在として「SECは、許可されるべきサービスや商品はどんなもので、なぜそれらが許可されるのか」について、明確に書面で意見を述べることを拒否していることを挙げた。

SECがレンディングが「有価証券」とみなすことの明確な理由を説明していないと指摘する格好だ。Armstrong氏は、SECが法律についてのガイダンスを発表すれば、それに従うと述べた。

また、すでに他社がレンディングサービスを提供している状況で、同じものをコインベースが立ち上げることを妨げれば、不公平な市場を作り出すことになるとも論じている。

さらに、Armstrong氏は次のように続けた。

SECの目的は「投資家を保護し、公正な市場を作ること」だとみなされている。では、今回の件でSECは誰を守っており、どこに市場にとっての弊害があるのだろうか?人々は、様々な企業が提供している同様の製品で利子を得ることに満足しているようだ。

こうした商品を停止することは、間違いなく消費者を保護するよりも、かえって彼らに害を与えることになるだろう。

コインベースは、「Lend」で、まずUSDコイン(USDC)を取り扱う予定だった。一方21日に、SECのゲーリー・ゲンスラー委員長はワシントン・ポストの番組に出演し、米国の規制当局の間でステーブルコインに対する懸念が高まっていると話している。

関連米SEC委員長「仮想通貨のステーブルコインはカジノチップに類似」 

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア