フェイスブック、メタバース(仮想空間)研究などに50億円投じる方針 長期目線で官民連携を表明

フェイスブック、メタバース領域に進出

米大手SNS運営企業のフェイスブック社は27日、メタバース領域に対し、今後2年間で5000万ドル(55億円)相当の投資を実施する方針を表明した。世界各国の政策立案者や専門家、業界企業と連携して、長期的な促進を行っていく。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。

▶️仮想通貨用語集

フェイスブック社は、「AR(拡張現実)やVR(仮想現実)領域における働きは、人と人の繋がりを深める」とコメント。実際には離れていても、バーチャル空間を構築していくことで、友人や家族と同じ場所にいるかのように遊び、または働くことができる環境を作ると説明した。

また、メタバースは一つの企業が構築するものではなく、インターネット同様、独立した技術であると言及。今後10年から15年間に実現していく技術であることから、長期的な目線を保ち、さまざまな政府や専門家と協力していく方針を示した。

経済的な機会、プライバシー、安全性や公儀に重点を置きながら今後2年間で5,000万ドルをメタバース関連プログラムや調査、研究開発費として投資していく「XR Programs and Research Fund」の設置を表明。以下の企業に出資する。

  • 学生やクリエイター、OFT、個人経営者を支援する米国団体「米州機構」(OAS)
  • デジタル技術を活かした口承文学を支援するAfrica No Filter、Electric SouthとImisi3D
  • AR・VR技術業界で働く女性や過小評価グループを支援するWomen In Immersive Tech

またソウル国立大学や香港大学の「安全性や倫理、責任あるデザイン」に関する研究、シンガポール国立大学のプライバシーやデータ利用に関する研究、そして米ハワードのIT業界におけるダイバーシティに関する研究を支援する。

イーサリアム(ETH)基盤のブロックチェーンを使ったメタバースゲームとしては、コカ・コーラ社の限定NFT(非代替性資産)を実現した「ディセントラランド(Decentraland)」やスクウェア・エニックスが出資した「ザ・サンドボックス(The Sandbox)」などが知られる。

関連:コカ・コーラ、仮想世界(メタバース)Decentralandで使用可能な限定NFTをOpenSeaでオークション

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します