仏メガバンク「Societe Generale」、MakerDAOで22億円のローンを申請

銀行初のMakerDAOローン提案

フランスのメガバンク「Societe Generale(ソシエテ・ジェネラル)」は大手DeFiレンディングプラットフォームMakerDAOに、DAIローンの提案を提出したことがわかった。銀行がMakerDAOを利用する初事例になるようだ。

提案を行ったのは、ソシエテ・ジェネラルのデジタル資産子会社「Forge」で、オンチェーンで発行された債券トークンをステーブルコインDAIの担保資産として、最大22億円に相当するDAIのローン(融資)の発行を申請することを目的としている。

Forgeは2019年に初めてイーサリアム(ETH)のブロックチェーンを使って、債券を発行し、ブロックチェーンを利用する大手銀行として注目された。

提案について

MakerDAOへの提案では、担保に利用されるのは、Forgeが2020年に発行した債券だ。これらの債券は2025年に満期を迎えるもので、米Moody’sとFitchは「AAA」と格付けしている。

DAIは主にETHとERC20を担保に発行されている、米ドルと1:1の価値を持つ担保型ステーブルコインだ。フランスではDAIやオンチェーンの債券も合法のものとされている。

債券担保のDAI発行の計画について、Forgeは6つの事業体を挙げている。

ソシエテ・ジェネラル、Forge、MakerDAOプロトコル、MakerDAOのリーガル代表者、DIISグループ、およびもう一つのエンティティ(取引所)の6つで、DIISグループは証券エージェントの役割を担当する。フランスの関連法律は、ローンの清算などを確保するための証券エージェントを必要とするという。

また、これほどの事業体を必要とするのは、現実世界の法律要件をクリアする必要があるからだとみられる。

出典:MakerDAO

Forgeは提案で、「今回のローンはパイロット事例となり、目的は、フランスの法律下で新たな試験を促進することだ」と説明している。この提案はこれから、MakerDAOにおける正式なコミュニティ投票にて採決されることになる。

MakerDAOは大手DeFiプロトコルで、現在の運用資産総額が約1.3兆円に達しており、DeFiPulseで3位に位置する。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します