バイナンス、1,000億円規模のBSCファンドを発表

1,000億円規模のBSC成長ファンド

世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは12日、1,000億円(10億ドル)規模のバイナンス・スマート・チェーン(BSC)ファンドを発表した。

このファンドは、タレント開発・流動性インセンティブ・ビルダープログラム・投資&インキュベーションという4つの分野に投資する。

まず、タレント開発プログラムには、110億円に相当する資金が分配され、開発者コミュニティへの指導、機構への奨学金、リサーチおよび開発への支援に利用される。

流動性インセンティブプログラミングにも110億円に相当する資金が投下される。主にBSCエコシステムでDeFi(分散型金融)を支える流動性プロバイダーへの報酬に充てられる。

そして、ビルダープログラムでは340億円の資金が分配される。具体的には110億円ずつハッカソンとバウンティプログラムに充てられ、残りの220億円分はBSC上位100のdAppsの育成に利用される。

最後に、投資&インキュベーションへの投資資金は、約570億円だ。主に、分散型コンピューティング、ゲーミング、メタバース、バーチャルリアリティ、AI、ブロックチェーン基盤の金融サービスなどの分野を手がけるスタートアップに投資するものとなる。

BSCの首位DeFiプロジェクトPancakeSwapの現在の資産運用総額は、1.1兆円に相当し、debankのランキングで5位にランクインしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します