NBAスター選手が立ち上げたメディアBoardroomとDapper Labsが提携

NBAのスターと提携へ

DapperLabsが開発するNBA Top Shotは10月13日、NBAのプロバスケットボール選手、ケビン・デュラント氏が立ち上げたスポーツメディア、Boardroomとのパートナーシップを締結したことを発表した。

パートナーシップは2年間にわたる契約となっている。また、同氏の投資会社であるThirty Five Venturesは以前よりDapper Labsの投資家でもあるという。

提携によってケビン・デュラント氏は、NBAトップショットのモーメントやビデオコンテンツをキュレート、制作するなど、クリエイティブな開発コラボレーションが予定されている。

関連:「バスケの神様」マイケル・ジョーダン氏もNFT関連企業へ出資──Dapper Labs、300億円超を資金調達

パートナーシップにあたり、デュラント氏は次のようにコメントした。

トップショットはバスケットボールファンにとっての未来であり、ファンとプレイヤーを近づけ、新しく革新的なやり方でコミュニティを構築する。BoardroomはNFTの最前線にも取り組んでおり、トップショットとパートナーになってNFTの普及に向けモーメントとコンテンツを作っていけることを嬉しく思う。

Dapper Labsは9月、米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)と提携、「アメフト版NBA Top Shot」のサービス開始に向け、動いていることが報じられている。

関連:Dapper Labs、アメフトの「NFL」と提携したNFTトレーディングカードゲームを計画か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します