英ガーンジー管区、ビットコインETFを承認

イギリス版ビットコインETF

資産運用会社Jacobi Asset Managementは、イギリスの王室属領のガーンジー代官管轄区が同社申請のビットコインETF(上場投資信託)を承認したことを発表した。

関連上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

Jacobiは今年5月に設立された企業で、ロンドン、サンフランシスコ、及びブリスベーンに法人を設立している。

ガーンジー代官管轄区はヨーロッパのイギリス海峡のチャンネル諸島に位置する島で、独自の議会と政府を持ち、イギリスの海外領土と異なり高度な自治権を有している。

Jacobiによると、今回、ガーンジーの金融サービス委員会が権限を与えたビットコインETF(現物ETF)は、英FCA(金融行動監視機構)の許可が降りればCboeヨーロッパ(汎欧州)に上場できる。米フィデリティの暗号資産(仮想通貨)子会社FDAがカストディを担当するという。

また、ETFの発行は機関投資家とプロの投資家に限定され最低投資額は1,100万円だ。

現在、ヨーロッパではさまざまな銘柄の仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)やETN(指標連動証券)がドイツやスイス、イギリスで取引されているが、ビットコインETFは今までなかった。

なお、米国では、SECが15日、ProSharesのビットコイン(BTC)先物ETFの申請を承認したばかり。カナダとブラジルでは、数ヶ月前より複数のビットコイン及びイーサリアム(ETH)のETFが取引開始した。

関連速報 米SECがビットコイン先物ETFを承認、同国初

ETPとETN

ETP(上場取引型金融商品)は、上場投資信託(ETF)、上場投資証券(ETN)、コモディティ上場投資信託(ETC)など、取引所に上場し特定の指標の値動きに連動する運用成果を目指す金融商品の総称。(野村証券引用

ETN(指標連動証券)は、ETF(上場投資信託)と並ぶETP(上場投資商品)の一つ。価格や株価指数等の指標に連動する金融商品で、一般的には発行体がその信用力をもとに特定の指標に連動することを保証する債券であるため、裏付け資産を必要としない。しかし、ビットコインETNの場合は現物BTCを裏付け資産とする。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します