米ビットコイン先物ETF、ローンチは火曜日へ

ローンチは米時間19日へ

18日にローンチが予定されていたビットコイン(BTC)ETFは19日にローンチを迎えることになった。発行元のProShares社が発表した。

ビットコインETFはCME(シカゴマーカンタイル取引所)のビットコイン先物ベースのETF(上場投資信託)を運用するビットコイン先物ETF。Proshares社とNYSE ArcaがNYタイムズ誌に対して、米時間明日(19日)にビットコインETFをローンチすると明かしたという。

ProShares社が15日に提出していた「有効後目論見書」では10月18日に正式にローンチする予定だった。上場先はニューヨーク証券取引所Arcaでティッカーシンボルは「BITO」になる。

関連:米SECがビットコイン先物ETFを承認、同国初

ProSharesのMichael Sapir CEOは以下のようにコメントした。

多くの投資家が、ビットコインに連動したETFの登場を長年にわたって待ち望んでいた。

BITOは証券会社に口座を持ち、株式やETFの購入には慣れているものの、仮想通貨取引所に別の口座を開設したりウォレットを作成する手間をかけたくない投資家や、多くの取引所の規制リスクやセキュリティリスクを懸念する投資家に、ビットコインへのエクスポージャーを提供する。

1993は初の証券ETF、2002は初の債券ETF、2004年は初のゴールド(金)ETFの年として覚えられており、2020年は初めて仮想通貨に連動したETFが登場した年として覚えられるだろう。

同社は今夏、ビットコインETFの申請を米SEC(証券取引委員会)に提出。75日間の間にSECが却下しなかったため、15日時点で事実上認可していた格好だった。ブルームバーグターミナル上でもティッカーが追加されるなど上場に向けた情報が更新されている。

また、21年7月にはPRoShares社の関連企業であるProFunds社は米国でビットコインにリンクした投資信託をローンチしていた。

関連: 上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

追記:複数ETFも

ブルームバーグのETF専門家によると、ValkyrieとInvesco社のビットコイン先物ETFも今週中にローンチする見込みがあるという。

ValkyrieのETFのティッカーシンボルは「BTFD」で、早ければ米時間火曜日にもローンチの見込み。また、大手投資企業InvescoもETFに関する「有効後目論見書」を提出するとみられ、「理論上水曜日にローンチされるかもしれない」と、専門家のEric Balchunas氏は指摘した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します