米NY州司法長官、仮想通貨貸付2社に営業停止命令

未登録で営業、Celsiusなど

米ニューヨーク州のLetitia James司法長官は18日、暗号資産(仮想通貨)のレンディング(融資)プラットフォーム2社に対し、未登録で違法な活動を行なったとして同州での営業停止を命じた。また他の3社に対して、直ちに運営方法の詳細や提供している商品・サービスに関する情報を提出するよう求めた。

対象となった事業者の名称は明らかにされていないが、CoinDeskの報道によると、プレスリリースに添付されている文書に関連するファイル名は当初Nexo社とCelsius Network社となっていたが、後に編集された。

James氏は、仮想通貨の融資プラットフォームは基本的に、預けた仮想通貨に対して利益を提供する利付口座だと主張している。NY州では、融資プラットフォームの運営及び州民へのサービス提供には、司法長官事務局(OAG)への登録が義務付けられていると指摘し、次のように述べた。

仮想通貨プラットフォームは、他の企業同様、法律に従わなくてはならない。

レンディングとは

レンディングとは、保有している仮想通貨を一定期間貸し出すことで、利息を得る仕組みのこと。

▶️仮想通貨用語集

Celsius Networkはテキサスやニュージャージーなどの州で、「未登録有価証券の販売」として規制当局から警告を受けている状態だ。

関連仮想通貨レンディングCelsius、米両州で警告を受ける

幅広い「証券」の定義

声明では、NY州の不正防止法にあたるマーティン法(Martin Act)に言及。同法では証券とみなされる投資商品について定義されているが、以下のようにその適用範囲は非常に幅広い。

株式、債券、手形、利子または負債の証拠、その他の証券…または譲渡可能な権利書、または外国為替の注文、コールまたはオプション

概して仮想通貨貸付商品やサービスの性質及び機能は、上記のカテゴリーのいずれかに当てはまると声明は指摘。そして今回問題となった仮想通貨プラットフォームが提供していた貸付商品は、マーティン法における有価証券にあたるため、ブローカー、ディーラーまたは販売者としてOAGに登録する必要があると強調した。

マーティン法はNY州司法長官に、州内で証券取引を行う事業体に対して調査を可能にする広範な法執行権限を与えている。州は、ある行為が故意に行われたものであることを証明する必要はなく、同法違反の疑いがある場合は、企業の調査、文書提出の要求、また召喚状の発行ができるという。

違法行為の取り締まり強化

今年3月、James司法長官はNY州の仮想通貨取引事業者に対し、違法行為の取締りを強化する方針を通知。その声明の中で、James氏は法律に違反した際には「躊躇なく法的措置を取る」と警告した。

関連:NY司法当局、「違法仮想通貨事業者」の取締り強化の方針

今回の声明の中でも以下のような摘発例に言及し、引き続き、仮想通貨事業者に対しては厳しい姿勢で臨むことを明らかにした。

  • 取引プラットフォームCoinseedを詐欺で提訴後、閉鎖
  • GTV Media Groupとその親会社Saraca Media Groupから5億ドルを回収:株式と仮想通貨関連商品の違法販売で資金調達
  • Bitfinex・テザー社訴訟:NY州での営業停止と透明性向上措置の同意、1,850万ドルで和解

Coinseedは今年2月に、NY州司法長官及び米証券取引委員会(SEC)から、それぞれ詐欺及び証券法違反で提訴され、6月には事業の暫定的差し止め命令を受けていた。その後、9月に出された判決で300万ドルの罰金の支払いと事業閉鎖が命じられた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します