米Invesco社、今週控えたビットコイン先物ETFのローンチ見送り=報道

ビットコインETF見送り

米大手資産管理会社Invesco社は19日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン先物ETFのローンチを行わない方針を明らかにした。ブルームバーグが報じた。

Invesco社は米ジョージア州のアトランタに拠点を置く大手投資会社。資産運用総額は170兆円(1.5兆ドル)にのぼる。

Invesco社の関係者はメディア各社に対して、以下のように発表した。

弊社は、当面、ビットコイン(BTC)先物ETFのローンチを検討しないことを決定しました。

 

しかし、我々はGalaxy Digital社とのパートナーシップを通じ、現物に裏付けられた仮想通貨ETFの実現を含め、引き続き変革的な資産クラスへのエクスポージャーを持つ商品群を投資家に提供していきます。

米時間火曜日にローンチを控えるProShares社のビットコイン先物ETFと併せて、Invesco社のビットコインETFは早ければ今週水曜日(20日)にローンチを控えていたところだった。

Invesco社のビットコインETFはVanEck社やGalaxy Digitalの先物ETFと同様に、CMEのビットコイン先物に投資するほか、カナダのビットコイン現物ETFやグレースケール社のビットコイン投資信託(GBTC)にも投資する予定だった。

現段階ではInvesco社がビットコイン先物ETFのローンチを見送った理由は明らかにされていない状況だ。なお、ProShares社は18日夜、ビットコイン先物ETFは米時間19日にローンチすることを発表している。

関連:上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

関連:ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ

ビットコインETF関連の米動向

また、ProShares社のビットコイン先物ETF以外でも、SEC(証券取引委員会)による審査期限を迎えるETFは多数ある。

ブルームバーグのETF専門家であるEric Balchunas氏はValkyrie社のETFも早ければ19日にローンチする可能性があると考察。同社の正式な審査期限日は10月26日だが、初の発行である事を活用して、待機期間の短縮を求めている場合も想定できると分析していた。

その他のビットコインETFの申請に関する最新状況はこちらから。

関連:ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します