QUOINE株式会社、「第一種金融商品取引業」登録完了

QUOINEがライセンス取得

暗号資産(仮想通貨)取引所Liquid by QUOINEを運営するQUOINE株式会社は、26日付けで金融商品取引法に基づく「第一種金融商品取引業者」として登録されたことを発表した。

本登録完了により、金融商品取引法下の店頭デリバティブ取引である暗号資産証拠金取引サービスの新規登録を近日中に再開予定。第一種金融商品取引業者の登録を受けないと「みなし業者」と扱いなるため、レバレッジ(証拠金)取引が提供できない状況に陥っていたが、解消される見込み。

これに伴い、国内で「第一種金融商品取引業者」のライセンスを取得した仮想通貨取引所(運営企業)は、GMOコイン、DMMビットコイン、楽天ウォレット、TAOTAO、ビットポイント、bitFlyer、フォビジャパンを含め8つとなった。

今月末控えたみなし事業者としての期限を前に、10月14日には国内最大手かのbitFlyerが、同18日にはフォビジャパンがいずれも滑り込むような形で登録されていた。

20年5月に施行された「改正金融商品取引法」に基づき、証拠金(レバレッジ)取引などを提供するデリバティブ取引は、「金融商品取引法」の規制対象となった。

第一種金融商品取引業は、証券会社や外国為替証拠金取引業(FX)を行うために必要な免許であり、その他の金融商品取引業よりも数段厳しい基準が設けられている。グループ内ですでに証券会社やFX業を営む楽天ウォレット、GMOコイン、DMM Bitcoinなどは、20年1月時点でいち早く認可を受けていた。

第一種金融商品取引業のライセンスがあれば、株式や債券、投資信託などの流動性が高い有価証券の売買や勧誘や引受けといった顧客から資金や有価証券を預かって管理する業務を行うことができるほか、新たなデリバティブ関連サービスの拡充を図ることができる。

第二種金融商品取引業は、「信託受益権」や「集団投資スキーム持分」など、第一種金融商品取引業の取り扱う有価証券より流動性の低いものを販売・勧誘する業務を行うものとなる。

QASHへの影響

QUOINEでは、独自トークンの「QASH」の開発・発行している。暗号資産(仮想通貨)のデリバティブ関連事業を行いつつ第一種金融商品取引業が取得できなかった仮想通貨取引所は、信頼性や存続性を含め先行きを懸念されていたが、金融当局のライセンスを受け今後の展望が開けたことはポジティブだろう。

大きな進展のないQASH価格は、ピーク時と比較して低迷したままだ。今年8月に発生したシンガポールの関連取引所Liquid Globalのハッキング被害を受け一時急落していたが、大手デリバティブ仮想通貨取引所FTXから130億円(1.2億ドル)規模の融資を受けることが判明後は反発していた。

融資の用途として、Liquid Globalのキャピタル生成、流動性提供、バランスシート改善のほか、日本やシンガポールのライセンスプロセスの努力に充てる計画があると言及されたことも、FTX創設者のサム・バンクマン・フリードCEO介入として好感された節がある。

Liquid by Quoineは、21年6月1日にLiquid Chain及びそのスマートコントラクトの監査が終了したことを報告。新しいトークンエコノミー導入などを発表していた。今後重要な展開として、近い将来「QASH」の大型アップデート及びメインネット・ローンチを控えているとされる。

QASHは17年11月、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)による資金調達で約124億円を調達し、当時世界最大級の事例として注目を集めていた。その一方、2018年1月のコインチェックハッキング事件に端を発した金融庁による一斉立入検査と「業務改善命令」、規制強化の一環で求められた「第一種金融商品取引業」ライセンスの未取得などの影響で、これまで身動きの取りにくい状況が続いていた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します