CoinPostで今最も読まれています

ヴィタリック氏が明かす「仮想通貨都市構想」とは:シティトークンやDAO活用など提案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンと都市運営の親和性

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の共同創設者Vitalik Buterin氏は10月31日、ブログで独自の仮想通貨都市構想について語った。

同氏は、国家レベルでは社会や人々のニーズの急速な変化に迅速に対応することまでは難しいが、地方都市や州政府レベルであれば、理論的には「真のダイナミズム」の実現が可能だとして、すでにブロックチェーン技術導入の取り組みが始まっている米国の都市や州の例を示した。

  • 米フロリダ州マイアミ市:独自トークン「マイアミコイン」を活用
  • 米ワイオミング州:分散型自律組織(DAO)に適した法体系の整備
  • 米ネバダ州リノ市:市長が率先してブロックチェーン技術の導入を模索 (公共アートのNFT化、リノコインで運営されるDAOの設立など)

DAOとは

DAOとは、「Decentralized Autonomous Organization」の略で、自律的に機能する分散型組織を指す。

▶️仮想通貨用語集

また、既存のスマートシティ関連のイニシアチブでは、中央集権的なガバナンスや透明性の欠如、並びにデータのプライバシーが懸念されているが、ブロックチェーンや暗号技術がこれらの問題解決における有望な鍵となるだろうと希望をのぞかせた。

関連:マイアミコイン開始1週間、同市に約1億円の収益

ブロックチェーン技術で改善できること

Buterin氏は、都市の運営でブロックチェーンが貢献できる分野として最も「理にかなう」のは、以下の二つだと主張した。

[A]ブロックチェーンを使って、より信頼性が高く透明性があり、検証可能なものに既存のプロセスをバージョンアップすること。

[B]ブロックチェーンを使って、土地や希少資産などの所有権及び民主的なガバナンスに関する新しく実験的な方法を実施すること。

Buterin氏はこのような分野とブロックチェーン技術の適合性は高いと述べている。

具体的には

[A]のカテゴリーの具体例として、政府内の決済に限定して発行されるステーブルコインに言及。コインの発行歴はオンチェーンの公開記録に結びつけられ、コインを請求・受領できる権利を持つ部署や個人のみが、換金できる仕組みとなる。また、プライバシーの面から個々の金額等を非公開にすることも、ゼロ知識証明を利用することで可能になるという。

ステーブルコインは、米ドルなど法定通貨にその価値をペッグされており、仮想通貨特有の大きなボラティリティ(価格変動性)がなく、決済目的で重宝されやすい。

また地方自治体が発行する証明書なども、安全性と検証可能性を高めるためにオンチェーンでできるようになると同氏は示唆した。

[B]のカテゴリーでは、土地や不動産の登記や、複雑な財産所有権などに関して完全に分散化することは難しい場合もあるが、その記録をオンチェーン化することで時系列での確認が容易になる利点がある。

Buterin氏は、望まれるプライバシーとセキュリティを達成するためには、高度なソリューションが必要だが、最終的には選挙もオンチェーン上(バーチャル)で行うことが可能になると予想。その場合には地方自治体が、最も適したスタート地点になると考えているようだ。

実証実験

Buterin氏は、さらにブロックチェーンを用いて限定的に実証実験を開始することで、実社会からの貴重なフィードバックが得られるとして、二つの分野を提案した。

一つは、”シティトークン”をより包括的に活用する方法で、もう一つは市民参加型のガバナンスの形態を探ることだ。

例えば、都市が繁栄することでその価値が高まるような”シティトークン”を作成する場合、次のような目的の設定が考えられるという。

  1. 政府の持続可能な収入源の確保
  2. 住民と都市の間に経済的なつながりを作る
  3. 利害関係者の「貯蓄と富の形成」を促進
  4. 都市全体の社会的な活動の奨励
  5. 平等主義を基盤に:ベーシックインカムの提供

ガバナンスについてButerin氏は、投票方法や課税方法の変更など、より急進的な参加型のシステムへの移行のアイディアに言及した。そしていずれの場合でも、自治体が注意すべきなのは、少数のアーリーアダプターだけに有利にならないように、さまざまなオプションを残しながら、ゆっくりと物事を進めていくことだと、同氏は結んでいる。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物スニーカーと引き換え可能なNFTドロップ実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧