CoinPostで今最も読まれています

中国「デジタル人民元」利用のマネロン事件で初の逮捕者

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DCEP利用した事件、初の摘発

中国内陸部の新密市の公安警察は2日、中国政府が開発・実証実験中のCBDC(デジタル人民元)を悪用した資金洗浄グループら11名を逮捕した。デジタル人民元(DCEP)を利用した資金洗浄の摘発は、中国では初の事例とみられる。

犯人らは9月頃、被害者にオンライン注文した商品に不備が発生したと電話で連絡。価格の3倍を弁償することと引き換えに、「身分証明」と謳って複数回に渡り総額20万人民元(約360万円)の送信を要求したという。

取引履歴を調査した警察当局は、従来のオンライン決済とは異なる点を発見。最終的には中国南東部の福建省に在住する26歳の男性を逮捕し、資金洗浄(マネーロンダリング)を支援した疑いでカンボジアに拠点を置く詐欺グループの団員ら合計11名が逮捕された。

捜査を行なった地元当局によれば、これまでもデジタル人民元を利用した詐欺やマネロン事例はあったものの、犯人らの摘発に至ったのは今回が初の事例であると考えられるとしている。

デジタル人民元とは

2014年より中国の中央銀行が開発しているCBDC。e-CNYやe-Yuan、DCEP(Digital Currency/Electronic Payment)などとも呼ばれる。2020年後半より、中国各地で大規模な実証実験を行なってきた。

国際的な利用も一部では懸念されており、世界各国の中央銀行の約80%が中国に追随する形でCBDCの実証実験・研究および検討を余儀なくされている。

▶️仮想通貨用語集

中国の中央銀行である中国人民銀行が7月に公開したホワイトペーパーでは、「コントロールされた」匿名性を有すると説明。

「少額は匿名、多額は法に基づき追跡可能」という原則の下、多額な送金の際には、デジタル人民元が違法行為に使用されず、取引がマネーロンダリング防止およびテロ資金対策の要件に適合することを保証する必要があるとしていた。

関連:中国人民銀行、「デジタル人民元」に関するホワイトペーパー公開

中国人民銀行は、年初より各地でデジタル人民元を抽選で配布する形で実証実験を繰り返してきており、大きな経済圏を誇る国としては最もCBDCの進展が進んでいるとされる。(バハマなどの小国ではローンチ済み)

また、2022年に首都北京で開催予定の冬季オリンピックでは一般市民を含めた実証事件が行われる計画も浮上しており、米国などからは懸念の声も挙がっている。

関連:米議員が警鐘「北京冬季五輪でデジタル人民元を米選手に使用させてはいけない」

中銀関係者らは米ドルの基盤を揺るがすためなどの「国際送金」手段としての利用は考えていないとするものの、日本銀行の内田 眞一理事は10月には以下のように述べていた。

日本銀行として、「現時点でCBDCを発行する計画はない」というこれまでの基本的な考え方に変わりはありません。ただ、「CBDCを発行する」ということが大きな決断であると同時に、世界各国で真剣な検討が進む中で「発行しない」ということも大きな決断になってきています。

そして、発行しないのであれば、どうやってデジタル社会にふさわしい決済システムを構築していくか、考えなければなりません。いずれにしても現状維持はありえません。

関連:日銀理事「民間決済サービスとCBDCの共存が必要」

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物スニーカーと引き換え可能なNFTドロップ実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧