CoinPostで今最も読まれています

中国人民銀行、「デジタル人民元」に関するホワイトペーパー公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国中銀、デジタル人民元の白書公開

中国の中央銀行である中国人民銀行は16日、各地で実証実験を行うデジタル人民元(e-CNY)のホワイトペーパーを発表した。中国のCBDC(中銀デジタル通貨)で一部スマートコントラクト機能を追加することが初めて公表された。

ホワイトペーパーとは、事業計画書のようなものだ。

今回、21ページにわたるデジタル人民元(Digital Currency/Electronic Payment)の研究開発に関する進捗状況を報告する白書にて、中国人民銀行はe-CNYの設計と機能開発、並びにシステムのデバッグが基本的に完了していると報告。「安定性、安全性、制御性、革新性、実用性」などの原則に基づき、代表的なエリアで実証実験を実施していると述べた。

白書によれば、今年6月末時点でデジタル人民元は、総額5,900億円(345億人民元)に相当する7,075万以上の取引の処理に成功した。日常的な請求書支払い、飲食サービス、交通機関、ショッピング、政府のサービスなどさまざまな場面における決済で利用されたという。

デジタル人民元の機能

また、今回の白書では、デジタル人民元にスマートコントラクト機能が導入されることが示唆された。これにより、受取側と送信側が合意した場合には、自動的に支払い取引を行うことができるようにプログラム可能となる。

他にも、デジタル人民元は「コントロールされた」匿名性を有すると説明。「少額は匿名、多額は法に基づき追跡可能」という原則の下、少額決済は匿名で可能となるものの、多額の送金の際には、デジタル人民元が違法行為に使用されず、取引がマネーロンダリング防止およびテロ資金対策の要件に適合することを保証する必要がある。

さらに、デジタル人民元は銀行口座に頼らずに価値を移転できる価値機能を持ち、「決済としての支払い」という特徴を持つオフライン取引に対応している。

デジタル決済の需要

また、累計2,087万以上の個人ウォレットと351万以上のパブリックウォレットが開設されたと説明した。利用が順調に進んでいる背景には、デジタル経済の発展に伴う現金利用の減少傾向にあるとした。

同行が2019年に実施した調査によれば、WeChatやアリペイの取引件数は全体の66%を占め、送金金額も59%を記録。現金取引の処理件数は23%、取引金額も16%と、中国の現金使用率は近年減少傾向にあった。

そこに加え、中国人民銀行は「現在、中国経済は高度成長期から質の高い発展期へと移行している」と述べており、デジタル経済に代表されるイノベーションが経済的な発展の勢いを生み出す重要な原動力になっていると捉えている。

また、2020年以降のコロナウイルスの感染拡大以降、オンライン決済やリモートワークなどデジタル経済が拡大するきっかけになったと指摘。オンライン金融サービスへの需要は今後さらに増加するとの見込みを示した。

今後の計画

デジタル人民元の長期的な計画については、中国政府の「第14次5カ年計画に沿って着実に推進していく」と記し、開始時期を定めずに、以下の分野を中心に着実に推進していくと説明した。

  • 研究開発と実証実験を辛抱強く、順序立てて継続
  • 関連法案と制度の検討および改善
  • 主な課題に関する研究の強化

レポートでは実証実験を行う地域の利用範囲をさらに拡大に、長期的にはパイロット地域のフルカバレッジ実現を目指す。また、各州法令の改正を積極的に推進し、金融情報やデータのセキュリティなどの観点から、包括的なシステムセキュリティのテストと評価を実施していく。

また、法定デジタル通貨が金融政策、金融システム、金融安定性に与える深い影響についての研究と評価を深め、デジタル人民元の研究と開発のための優れた理論的政策基盤と応用の見通しを築いていくとした。

中期的には、2022年の北京冬季五輪にてデジタル人民元の実証実験を行うと説明。今回の白書にて、オリンピックの競技場付近で無人販売カートや自動販売機、無人スーパーなどの革新的なアプリケーションを実装予定であるとした。新たな試みとして、決済の際に利用できる手袋やバッジなど、決済機能を持つ服装の販売を想定しているという。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
08:00
ウィンクルボス兄弟出資の英サッカークラブ、7億円相当のビットコインを購入
ビットコイン億万長者のウィンクルボス兄弟が設立した投資会社ウィンクルボス・キャピタルは4月に、レアル・ベッドフォードに7億円を投資している。
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア