米グレースケール、AVAXとLUNAを投資信託の検討リストに追加

2銘柄をリスト追加

米最大手暗号資産(仮想通貨)投資企業グレースケールは4日、アバランチ(AVAX)とテラ(LUNA)を投資信託の検討リストに新たに加えたことを発表した。

関連初心者でもわかるAvalanche(アバランチ)とは|注目すべき点や将来性を解説

同社は以前にも検討リストを公開し、ソラナ(SOL)やポリゴン(MATIC)、コスモス(ATOM)、ユニスワップ(UNI)、チェーリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)などを含む20銘柄超の新規商品を検討。その後はLINKなど個別銘柄の投資信託をローンチし、エイダ(ADA)やソラナ(SOL)をバスケット型の投資信託「Digital Large Cap Fund」に加えていた。

関連初心者でもわかるコスモス(ATOM)とは|注目点と将来性を解説

アバランチ(AVAX)とテラ(LUNA)が加わった候補銘柄のリストは下図の通りだ。

出典:グレースケール

現在、規模が最も大きい投資信託はビットコインのGBTCで、4.5兆円に達している。

関連米SEC、グレースケールのビットコインETF変換申請を審査開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します