イーサリアム急落後の反発に力強さ、BOBAのエアドロップに向けOMGが乱高下

仮想通貨相場の動向

12日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比+1%の744万円(65,100ドル)とほぼ横ばい。

BTC/USD日足

下値を買われ、底堅い値動きが続く。

調整を経て上値が軽くなったか、同じく急落したイーサリアム(ETH)は、すでに78.6%戻し水準まで回復した。下落分をほぼ帳消しにするなど、BTC以上に反発が強い。

ETH/USD時間足

黄線の4,383ドルは、今年5月(アルトシーズン時)の過去最高値。現在は、5,000ドル(約57万円)の大台が意識されている。

関連:イーサリアム3年ぶり最高値更新、高騰要因に4つの理由

アルトコイン市場の個別銘柄

BOBAトークンのエアドロップを前に高騰していたOMG Network(OMG)が、スナップショット(権利確定日時)を完了した。

これに先駆け、国内大手取引所コインチェックやGMOコインでは、BOBAトークンのエアドロップ対応を発表している。BOBAトークンは、BOBA DAOのガバナンストークンであり、BOBAネットワーク上のステーキングでリワード報酬を得ることができる。

その後、スナップショット(権利確定日時)の日本時間12日9時を迎え、エアドロップ分の価値が剥離したほか、反動安による大幅下落となった。

OMG/USDチャート

OMG Networkは、20年6月に「OmiseGO」からリブランディングされたブロックチェーンであり、イーサリアムのスケーラビリティを向上させるレイヤー2プロトコルの1つ。イーサリアム基盤のERC-20規格のトークンとして発行された。2017年に実施したICO(イニシャル・コイン・オファリング)では、分散化決済ネットワーク開発のため、約28億円の資金調達に成功している。

また、ネムの新通貨シンボル(XYM)については、コミュニティ待望のキプロス・ハードフォークが無事成功した。ネム公式が発表した。

これまで、NEMグループ(NEM Group Ltd.:NGL)による中央集権的な意思決定がコミュニティ及びNEMコア開発者らとの対立を招き、プロジェクト進展のボトルネックとなっていた節があるとされる。

その点において、PoI(Proof-of-Importance)を用いたコミュニティ投票結果を反映して今回実行されたハードフォークを経て、本来のコミュニティドブリンかつ透明性の高い分散型エコシステムへと原点回帰し、推進されていくものとみられる。コアチームに対する事実上の信任投票だったが、これまでの信用と成果から圧倒的多数で可決した。

新たな発行資金については、米大手資産運用企業Valkyrie社とコア開発者が、複数署名のマルチシグ(Multi Signature)を用いて共同管理されることになる。Valkyrieは先日、「ビットコイン先物ETF」をローンチした。

今後、ネム(XEM)ブロックチェーンにおけるハードフォーク「Harlock(ハーロック)」も予定されている。

関連:仮想通貨シンボルのハードフォーク「キプロス」、実装完了

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します