5/30(水)|仮想通貨市場は急反騰・BCHやREPなどが前日比10%高を上回る

仮想通貨市場
大幅続落していた仮想通貨市場でしたが、昨晩からBTC(ビットコイン)が急反騰。時価総額の高い主要アルトコインはほぼ全面高となっており、BCH(ビットコインキャッシュ)やREP(オーガー)などでは、前日比10%高を上回っています。

仮想通貨市場

本日の仮想通貨市場は、昨日、今年4月以来の最安値に到達しかけましたが、5月29〜30日にかけてビットコインの買いが急増、急激な価格上昇を見せました。

出典:TradeView

ただし、Mt.Gox(破産管財人)によるBTC大量売却不安は依然として燻っており、油断は禁物です。

約12時間前の情報では、約13.8万BTC(約1,100億円相当)を現時点で保有しており、既に6万BTC(約500億円)を売却し終わったことが明らかになっています。

また、コインチェック銘柄(6月廃止予定)でもある仮想通貨Augur(REP)は、韓国最大級の取引所「Bithumb」に上場したことで、価格高騰となりました。

PoW通貨のリスク

最近ハッシュレートが低く、複数のブロックチェーンに対して汎用性が高いGPUマイニング通貨に対して、「51%攻撃」などの不正の標的にされる動きが複数確認されています。

Verge (XVG)

今年の4月におよそ2千万XVG(時価、約1.2億円相当) の不正獲得の一件から2ヶ月も経たずに今回の攻撃が行われ、5月にはたったの数時間でおよそ3500万XVG(時価、約2億円相当)が奪われてしまいました。

Bitcoin Gold (BTG)

5月18日に悪意のあるマイナーにより、仮想通貨取引所から仮想通貨を盗難することを目的とした「51%攻撃」が行われ、5月16日以降388,200BTGを獲得し、取引所から1860万ドル(約20億円)相当のBTGを盗まれてしまっています。

PoW 51% Attack Cost

また、51%攻撃を受けやすい通貨一覧の情報サイトが話題になりました。

出典:51Crypto

“51Crypto”では、それぞれの仮想通貨に対して51%攻撃を行うには、どれくらいのコストを払う必要があるかを示すことで、51%攻撃への耐性を示しています。

このサイトは、既存のマイニング環境を借りて、51%攻撃を1時間行う場合、どのくらいのコストがかかるのかを計算。算出額は仮想通貨マイニングサービスの”Nicehash”の情報を基に計算しているとのことですが、情報の信憑性については保証されているものではないので、参考程度に留めて頂くようお願いします。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

イタリアの政情不安などの地政学リスクから日経が大幅下落するものの、仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、仮想通貨市場の大幅反発を確認するようにして、寄り底の展開となりました。

子会社のウルシステムズが、仮想通貨取引所「QUOINEX」グループが発行する仮想通貨QASHと提携している「ULSグループ(3798)」が、6.30%高。

QUOINE社は28日、モバイルアプリをリリースしており、bitbank社のような取引高上昇期待も価格の押し上げ要因となりました。

また、高値から続落していた「マネックスグループ(8698)」や「マネーフォワード(3994)」などの押し目買いが旺盛となり、ほぼ高値引け。

そのほか、スマホゲームを提供する「gumi(3903)」が、仮想通貨・ブロックチェーンに特化した32億円ファンドを設立、ICO(Initial Coin Offering)プロジェクトなどに対する投資を発表したことを受け、3.82%高となりました。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加