イーサリアムL2「ZKロールアップ」開発のStarkWare、57億円調達

評価値2,200億円超え

仮想通貨イーサリアム(ETH)のL2ソリューション「ZKロールアップ」を開発するStarkWare社はシリーズCで、2,200億円以上の評価額として、57億円を調達したことがわかった。

シリーズCを主導したのは、大手VCのSequoia Capitalで、シンガポールヘッジファンドのThree Arrows Capitalや仮想通貨VCのParadigm、FTXの親会社であるAlameda Researchといった既存の投資家も今回のラウンドに参加したという。

関連業界最大規模、仮想通貨VCのParadigmが2,800億円ファンドを発表

StarkWareはイーサリアムのスケーリングソリューションである「ZK-rollups(ロールアップ)」を開発している。イーサリアムには、主にZKロールアップとOptimisticロールアップがあって、ZKロールアップのほうは、ゼロ知識証明というメカニズムを利用し、処理コストの高いデータをオフチェーンで処理することによってコストを大幅に削減する特徴を持つ。

現在、分散型デリバティブ取引所dYdXやNFTのL2プラットフォームImmutable X、NFTマーケットプレイスSorareもStarkWareのスケーリングエンジン「StarkEx」を利用している。

また、StarkWareは今月末に「StarkNet Alpha」というパーミッションレスのZKロールアップをイーサリアムのメインネットにローンチする予定だ。StarkExはStarkNetと違って、パーミッションが必要な導入となっている。

同社は新たに調達した資金を利用し、StarkNetがさまざまなdAppsに導入されることを推進し、チームを拡大する。同社は今年の3月に、シリーズBで86億円を調達していた。

また、The Blockの取材によると、MakerDAOやAave、ArgentといったDeFiプロトコルはすでにStarkNetの導入にコミットしているという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します