スクエアのCash App、ビットコイン「Taproot」に対応開始

Cash Appもフル対応

米決済企業スクエアが運営するモバイル決済アプリCash Appは1日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の新機能「Taproot」に対応開始したことがわかった。

Taprootは11月14日に実装されたビットコイン・ブロックチェーンの4年以上ぶりの大型アップグレードで、プライバシー強化、トランザクション手数料の削減、およびスマートコントラクトの機能改善といった変更点を加えられた。

関連ビットコイン、「Taproot」アップグレードを発動

Cash Appは11月にTaprootについてホームページで紹介し、「12月1日よりユーザーはTaproot使用可能なウォレットにビットコインを送金できるようになる。」とした。

Cash Appは2013年にローンチされたビットコインの取引・保管にも対応するキャッシュレスアプリで、特にミレニアル世代には人気だ。現在米国およびUKでサービスを提供しており、2020年度のビットコイン利益は5,100億円を超えたという。

また、Cash Appを運営するスクエア社は2日に、社名を「Block Inc.(ブロック)」に改名する予定を発表した。

関連ドーシー氏が率いるスクエア社、「ブロック」に改名

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します