CoinPostで今最も読まれています

ビットコインが大口投資家『クジラ』に価格操作をされていない理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BTC価格操作について真っ向から否定
著名トレーダーであり、テクニカルアナリストとして知られる「Peter Brandt」氏は、BTC価格の大幅下落について、CMEなどBTC先物市場の「クジラによる価格操作」を疑う一部メディアに反論。その根拠として、BTC先物市場のレバレッジに着目して解説しました。
クジラとは
経済用語のスラングであり、市場に大きな影響を与えるほどの”巨額マネー”を動かす機関投資家のことを指す。 日本の株式市場では、150兆円規模の運用資産額を有する「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)」を始め、3共済、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険などが、クジラと呼称されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ロングとショートとは
ロング:特定の銘柄を買い目線で保有すること。ショート:売り目線で、空売りすること。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

テクニカルアナリストのPeter Brandt氏(以下、Brandt氏)は、大口投資家がビットコインやその他の仮想通貨市場を操作しているという主張を裏付ける確固たる証拠はないと考えています。

Brandt氏はビットコイン先物取引の取引高から、最近のビットコインの下落相場が”クジラ”によって操作されたものではないと結論づけています。

5月の弱気相場の要因は「小口投資家によるロングポジションの清算」

最近、複数のレポートがビットコイン価格の下落は、2017年12月に開始されたCMEとCBOEのビットコイン先物市場と関連性があると報じました。

ビットコイン先物取引が価格下落の要因:SF連邦準備銀行がレポート公開
Federal Reserveが公開したレポートによると、ビットコインの先物取引の開始によって、ビットコインに否定的な投資家たちが市場に参入できるようになり、その結果現在まで続く価格の下落傾向に至ったとのことです。当記事ではビットコインの今後についてのFederal Reserveの見解も紹介しています。

一連の報道の後、Brandt氏は次のように指摘しています。

クジラが、仮想通貨市場をショート(売りポジション)しているという証拠はない。

5月の仮想通貨市場の軟調さは、小口投資家によるロング(買いポジション)の清算によるものと思われる。

Brandt氏は、先物市場が、ビットコイン価格に大きな影響を与えることはできないと付け加えました。

なぜなら、短期先物契約と同量の長期先物契約が存在するからです。

Brandt氏は次のように説明しています。

ビットコイン先物市場には、常に長期先物契約と同数の短期先物契約が存在する。

したがって、市場には影響を及ぼさない。

CMEとCBOEのビットコイン先物市場が開始された2017年12月以来、ビットコインの価格は19,900ドル(約217万円)から7,500ドル(約81.9万円)へと62.3%以上の暴落を見せました。

ビットコインの価格が急激に下落したことで、投資家やアナリストは「先物市場の操作」を疑いました。

しかし、相場の続落の原因を先物市場に求めるのはナンセンスであるとBrandt氏は説明しています。

調整局面におけるBTC価格の下落度合いは弱まっている

先物市場が、2017年12月同様のレバレッジ(取引保証金倍率)を持っていたとすれば、ビットコインの価格チャートは同様のボラティリティ(価格変動性)を示すはずであり、下方への動きを強くしていたと思われる。

しかし2018年になってから、ビットコイン相場には3回ほど大きな調整局面が発生しましたが、回数を重ねるにつれて売りのボリュームと価格の下落度合いは小さくなっています

各レッグダウンの各構成要素は、以前のレッグダウンよりも急峻ではありません。

モメンタム(相場の強弱を示す勢い)指標であるRSI(相場の過熱感を示す相対力指数)も、売りが極端ではないことを示しています。

仮にビットコイン先物市場が、調整の主要因であった場合、トレーダーは続く調整局面で同様のレバレッジを取っていたはずです。

しかし、弱気市場はレバレッジを減らし続けてきました。

したがって、最近の下落相場は、小口投資家によるロング(買いポジション)の清算によって引き起こされたと思われます。

価格の平準化プロセスが終了した後のBTC相場

現在のビットコイン市場は、価格の平準化プロセスの最中にあります。

これからの数週間で平準化プロセスが終了すると、ビットコインは中期間に展開される”強力なラリー”を経験することになるでしょう。

短期的には、仮想通貨市場の激しいボラティリティとビットコインの減少傾向のためにビットコインが7,000ドル(76.7万円)を下回り、6,000ドル(65.7万円)の下限まで下落する可能性も考えられるので、注意が必要です。

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場と3頭の「クジラ」|巨大金融機関参入の機運高まる
先日、世界3大投資家のジョージ・ソロス氏や、世界的財閥であるロックフェラーやロスチャイルドが仮想通貨市場に参入する可能性が報道されました。彼らの経歴と、世界的投資家や財閥が仮想通貨業界に参入する可能性について考察します。
仮想通貨市場の『クジラ』が数千億円規模のビットコインを買い注文か
米サンフランシスコにある通称:クリプトキャッスルの住人「Gardner」氏は、OTC取引におけるビットコインのブロックにて、数十億ドル(数千億円)規模にも及ぶ巨額の取引ブロックを発見。そのことをTwitterで報告したことで、ブル相場のキッカケとなった可能性があります。

No Evidence Whales are Manipulating Bitcoin Price: Prominent Trader

May 31, 2018 by Joseph Young

参考記事はこちらから
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア