「メタバース先進国を目指す」、国内仮想通貨交換業者らが協会設立へ

日本メタバース協会発足へ

FXコインなど暗号資産(仮想通貨)交換業者やウォレット企業などを中心に、週内にもメタバースの業界団体「一般社団法人日本メタバース協会」を発足することが分かった。

規制が整備されていないメタバースの領域において、金融庁など官公庁を交え、市場創出に取り組むことでメタバース先進国を目指すという。

関連:「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

メタバースの隆盛と課題

一般社団法人日本メタバース協会には、仮想通貨交換業者のFXコイン社やCoinBest社の他、仮想通貨の投資ソリューションを提供するインテリジェンスユニット社、ウォレットを提供するGinco社が参加し、その他のネット金融会社やゲーム会社などにも参加を呼びかけるという。代表理事には日本暗号資産取引業協会(JVCEA)理事にも名を連ねるFXコインの大西知生代表が就任する。

同協会は世界の動向を研究するほか、官公庁とのコミュニケーションを深め、日本企業がメタバース市場で活動しやすくなるよう地盤を固めていく狙いだ。

大西知生氏は、今回の発表に際し以下のように「メタバース先進国」になるとの決意を表明している。

わが国においてはメタバースについておおまかなイメージがつく人は多いものの、メタバースで何ができるかを理解している人は少ないというのが現状です。

これはメタバースを支えるブロックチェーンやNFT(Non Fungible Token)の技術を理解している人が少ないこと、技術を理解していてもそれをビジネスに展することは簡単ではないということが背景となっています。加えてネット上にあるメタバースビジネスに関する情報はほとんどが英語で日本語のものはほとんどない、という現実もあります。

一般社団法人日本メタバース協会は、今後は国内外の関係者と積極的にコミュニケーションをとり情報収集に努める予定です。そして本協会がわが国における情報やアイデアの集積地となり、国内外の個人、企業、団体などがつながるきっかけ、つまり架け橋となることからスタートして、わが国が「メタバース先進国」となることを目指しています。

メタバースを巡っては、米フェイスブックが参入表明と共に社名を「Meta」に変更して以降、数々の大企業が相次いで参入を発表している。

ナイキやアディダスなどの大手スポーツブランドやディズニーなどによる参入表明(もしくは示唆)、仮想通貨取引所FTX、OKEx、KuCoinなどによる関連ファンド設立の事例のほか、国内でもソフトバンクによる「The Sandbox」や「Zepeto」への出資、NTTドコモによるメタバース開発企業への出資、KDDIによるメタバースプラットフォーム「VIRTUAL CITY」の発表など枚挙にいとまがない。

関連:ナイキもメタバース参入、ゲーム内に「NIKELAND」設立

関連:ソフトバンク、メタバース「Zepeto」に約170億円出資

一方で、経済産業省が7月に公表した「仮想空間の今後の可能性と諸課題に関する調査分析事業」という報告書では、メタバースにおける課題や法的リスクなどを取りまとめている。その中で、メタバース上の所有権やキャラクターの経済的価値などに関しては現行法に課題があるとしており、今後メタバースの活用が拡大した際には対応が求められる可能性があると指摘している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します