SBI、シンガポール最大手仮想通貨取引所Coinhakoに出資

シンガポール最大規模の仮想通貨取引所に出資

SBIホールディングス株式会社(以下、SBIH)は17日、子会社を通じてシンガポール最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinhakoを運営するHoldbuild Pte. Ltdに出資したことを発表した。

今回の出資は、SBIHのシンガポールの子会社であるSBI VENTURES SINGAPORE PTE. LTD.及びSBIグループが運営する「SBI-Sygnum-Azimut Digital Asset Opportunity Fund」というファンドによる共同出資であるが、出資額は公表されていない。

「世界最大級のデジタルアセット取引所を目指す」

Coinhakoは、リテール向け仮想通貨取引において、シンガポール最大の取引高と顧客数を誇る取引所。

11月にはシンガポールの仮想通貨取引所として初めて、同国のの金融当局であるMonetary Authority of Singaporeよりデジタル通貨を取り扱うためのライセンスの承認を受領。今後、個人や機関投資家に向けた仮想通貨取引所運営のためのライセンスが付与される予定だという。

同取引所は今後、シンガポールを拠点としつつ東南アジア諸国への事業展開も予定しており、SBIグループは事業拡大をサポートしていく方針だ。

「SBI-Sygnum-Azimut Digital Asset Opportunity Fund」は、SBIグループのSBI Ven Capital Pte. Ltd.とSygnum Pte. Ltd.が共同運用するファンドであり、東南アジアとヨーロッパにて、主に金融市場インフラとDLT(分散型台帳技術)に関連するエンタープライズ・ソリューションに焦点を当てたベンチャー投資を行う予定であるとしている。

また、仮想通貨・ブロックチェーンメディア「あたらしい経済」の報道によれば、同ファンドにとって今回の出資が初の案件であり、同ファンドは最大7,500万米ドル(約84億円)資金調達する予定だ。

SBIHは、今回の発表に際し、以下のようにコメントを寄せている。

当社グループは、日本STO協会(JSTOA)の創設メンバーであり、子会社のSBI VCトレード株式会社が日本国内において暗号資産取引サービスを2018年から提供しております。

また、スイス証券取引所傘下のSIX Digital Exchangeともアジアでの合弁会社の立ち上げに合意しており、今後、今年の4月に設立した大阪デジタルエクスチェンジを通じて海外の取引所と相互接続を行うことで世界最大級のデジタルアセット取引所を目指してまいります。

SBIの仮想通貨関連動向

同社の100%子会社であるTaoTao株式会社とSBI VCトレード株式会社は1日、かねてより発表していた通りTaoTao株式会社を存続会社とする吸収合併を行った。

合併後もSBI VCトレード及びTAOTAOの両仮想通貨取引所サービスは継続していくこと、仮想通貨取引におけるフルラインナップサービスを提供していくことを明かした。

関連:SBIHD傘下の暗号資産交換業者、SBI VCトレードとTAOTAOが合併へ 

9月にはNFTマーケットプレイス「nanakusa」を運営するスマートアプリ社の株式を取得し、連結子会社化したことを発表。社名をSBI NFT株式会社に変更し、同月、アートの価値継承を支えるブロックチェーンインフラ「Startrail」を構築するスタートバーン株式会社との提携を発表するなどしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します