メタ社のNoviデジタルウォレット、米国で一部導入開始

WhatsAppでNoviアクセス可能に

米メタ(旧フェイスブック)社の暗号資産(仮想通貨)ウォレット「Novi」は8日、同社傘下の大手メッセージアプリ「WhatsApp」上で実装されたことを発表した。米国ユーザーが対象となる。

これまでNoviプロジェクトを率いてきたDavid Marcus氏などが明らかにした。Marcus氏は過去にステーブルコインプロジェクトのディエム(リブラ)の共同設立者の一人でもある。

関連:仮想通貨リブラ(ディエム)とは|初心者でもわかる特徴を解説

画像からすると、対応銘柄はPaxosが発行する米ドルステーブルコインUSDPのようだ。

関連:フェイスブックのNoviウォレット、コインベース・Paxosと実証実験

Marcus氏は今月1日にメタ社を年内で辞任する方針を表明したばかり。後任はNoviの製品担当責任者を務めてきたStephane Kasriel氏に決定している。

Kasriel氏によれば、米国内の限られたユーザーを対象に、WhatsApp内から手軽に送金できる機能の実装を開始。手数料無しでチャット内から送金が可能になるという。

Novi(ノヴィ)とは

米メタ(旧フェイスブック)社が手がける仮想通貨ウォレット。まずはステーブルコインのパックスドル(USDP)を対象に米国とグアテマラで一部ユーザーに手数料ゼロの送金サービスを提供しているる。(21年12月現在)

▶️仮想通貨用語集

WhatApp上でのNovi導入サービスは試験的にまずは米国のみで行う予定で、ユーザーからのフィードバックを基に他国でのサービス拡大を検討していく方針だ。

Noviは10月より米国と中米グアテマラとの間で試験運用を開始。アプリの基本的な機能および顧客サービスとコンプライアンス面を検証するもので、Kasriel氏はすでにユーザーが重要視する機能を測ることができていると説明している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します