CoinPostで今最も読まれています

ペプシが独自NFTを無料配布へ イーサリアム利用

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

PepsiのNFTシリーズ

世界的な大手飲料メーカーPepsi(ペプシ)社は10日、独自のNFT(非代替性トークン)シリーズ「Pepsi Mic Drop」をリリースする方針を発表した。来週14日からイーサリアム(ETH)ブロックチェーン上で配布を開始する。

米国で著名インフルエンサーとして定評のある起業家のGary Vaynerchuk氏が手がけるコンサル企業VaynerNFTがデザインなどを担当。ペプシ社としては初の試みとなるNFTドロップでは、同社の創業年にちなみ、1893枚のNFTを発行する予定だ。

NFTはペプシ社と馴染みの深い音楽業界へのオマージュとしてマイクがベースのデザイン。クリスタル・ペプシやペプシゼロなど、歴代の限定ペプシなどを含む缶を基にマイクや背景、アイテムが全てアルゴリズムによって生成されており、それぞれレア度が異なる。

出典:Pepsi

NFTはERC-721規格となっており、コストは無料で発行が可能。

受け取る為には日本時間11日午前2時に解禁されるウェイティング(予約)リストに署名する必要がある。リスト入りできた場合、14日にNFTのミンティングが可能となるが、この際に別途ガス代が発生してイーサリアム(ETH)が必要となる。

なお、発行される1893枚のNFTの内、50枚は今後開催予定の限定イベントなどで配布されるため、来週のミンティングでは配布対象とならない。

続報

ペプシは日本時間11日に2時に、予約リストのエントリーを公開した。

予約へのエントリーで、MetaMaskなどのウォレットによる署名の仕組みをとっており、この段階ではガス代を支払う必要はない。

エントリーの結果が出るのは12月14日で、最初にエントリーした1,843名のユーザーのリストに入っているかどうか確認できる。

今回のエントリーオープンには多くのユーザーが殺到し、一時的にサイトが作動しなかった状態にあったが、ペプシは公式ツイッターで「仮にエントリー成功の画面が出なくても、必ずしも失敗したことを意味するのではないため、14日に確認してください」と説明した。また、ボットによるエントリーを防止する対策もとっているようだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/23 木曜日
08:20
コインベース、Arbitrum(ARB)上場予定
仮想通貨取引所大手コインベースは、「Arbitrum(アービトラム・ARB)」の新規上場を決定した。また、個人投資家向けのアルゴランド(ALGO)のステーキング報酬の付与中止する予定だ。
08:00
メイプルストーリー、NFTゲーム構築にポリゴン採用へ
ネクソンは、仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを開発するPolygon Labsとパートナーシップを締結。メイプルストーリーのNFTゲーム構築に、ポリゴンの技術を活用する。
07:27
米国株反落 FOMC追加利上げ、年内利下げ期待が後退|23日
本日のNYダウやナスダックは反落。NYダウはパウエル議長のFOMC会見を受けて乱高下し-530ドルで取引を終えた。FRBはFOMCで政策金利を0.25%引き上げた。
03/22 水曜日
15:56
BNB Chainのメタバース「Oasis Origin」、OpenAI「GPT4」採用へ
メタバースソーシャルアプリ「Oasis」は、BNB ChainでWeb3版「Oasis Origin」をリリースした。同製品は米OpenAI社の言語モデル「GPT4」を活用するロードマップで注目を集めている。
14:56
「ステーキングサービスを証券認定から除外すべき理由」米コインベースがSECに請願書提出 
米大手仮想通貨取引所コインベースは20日、証券取引委員会に対し、ステーキングサービスの証券法上の取り扱いに焦点を当てた意見書を提出。明確なガイドラインを示すことなく、執行により政策的立場を表明するSECの姿勢を強く批判した。
12:09
Magic Eden、「Ordinals」のサポートを開始
クロスチェーンNFT電子市場Magic Edenは、ビットコイン・ブロックチェーン版のNFT(非代替性トークン)である「Ordinals」の取引市場をオープンした。ユーザーエクスペリエンスが改善され、Ordinalsの一般ユーザーへの普及に期待がかかる。
12:07
Bitrue、Arbitrum(ARB)上場予定
仮想通貨取引所Bitrueは、イーサリアムのL2「Arbitrum」の新規上場計画を発表した。同社は取扱い開始を記念して独自にARBトークンのエアドロップを実施予定。賞金として総額100,000 ARBが用意されている。
11:20
分散型取引所GMX、コインベースのL2「Base」で展開を検討
仮想通貨分散型取引所GMXのコミュニティで、米コインベースの「Base」上にGMXを展開することが提案された。「Base」とはコインベースの独自イーサリアムL2ネットワークだ。
10:40
米大手仮想通貨取引所コインベース、ブラジル事業を強化
米大手仮想通貨取引所コインベースはブラジル事業を強化している。ユーザーが法定通貨レアルを使って入出金できるようにしたと発表。グローバル戦略についても説明した。
10:15
米SEC、DeFiプロジェクト「Sushi」に召喚状
DEXのSushiを運営するSushi DAOとHead ChefのJared Grey氏は、米SECから召喚状を受け取っていることがわかった。Grey氏は法的弁護基金の創設を提案している。
09:40
エアドロップ予定のArbitrum独自トークン、約300万ARBに盗難リスクの可能性
仮想通貨イーサリアムのL2「Arbitrum」が行うARBトークンのエアドロップは、約300万ARBが盗難される可能性があることが指摘された。約2,400のウォレットが被害に遭う可能性がある。
03/21 火曜日
12:50
ポリゴンとImmutable、ゲーム特化型ネットワーク「Immutable zkEVM」を発表
仮想通貨イーサリアムのL2スケーリングソリューションを構築する2つのプロジェクト、PolygonとImmutableがゲーム専用ネットワークを構築する計画を発表した。PolygonzkEVMとImmutableのゲーム開発ツールを組み合わせた「Immutable zkEVM」をリリースする。
12:47
「Aavegotchi」開発企業、39億円相当を資金調達
メタバースゲーム「Aavegotchi」を開発するPixelcraft Studiosは、複数年に渡るトークンセールにより約39億円を資金調達したと発表。資金はゲーム開発やマーケティングなどに充てる計画だ。
12:30
香港財務長官、Web3と仮想通貨の育成方針示す
香港の金融サービス・財務長官は、ビットコインなど仮想通貨とWeb3を育成する政策の進捗状況について報告した。ライセンス制度やステーブルコイン規制の整備についても話している。
11:55
「Microsoft Edge」、仮想通貨ウォレットをテストか
Webブラウザー「Microsoft Edge」に仮想通貨ウォレットを実装する目的で、IT大手MicrosoftがWeb3開発会社onsenSysと協業しているとの報道が出ている。テスト環境と見られるスクリーンショットでは、イーサリアムやステーブルコインのスワップ機能や購入画面が示されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア