ビットコイン2100万枚の内、9割採掘完了へ FOMC控え軟調相場続く

仮想通貨市況

14日の暗号資産(仮想通貨)市場は全面安に。 ビットコイン価格は、前日比-4.3%の535万円(46,950ドル)で推移している。

BTCUSD日足

世界保健機関(WHO)は13日、新型コロナウイルスの変異種オミクロン感染拡大について、免疫回避を示す可能性があることを指摘。極めて高い世界的リスクにつながる恐れがあるとした。英ロンドンでは、すでに感染者の44%がオミクロンに置き換わっている可能性もある。一方で、重症化リスクについては、慎重な判断を示している。

14-15日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が控えており、様子見基調が強まる。テーパリング(量的緩和縮小)を2022年半ばまでに終了するとの見通しを示しており、インフレーション局面において、利上げ時期を先倒しするか否かが市場の注目を集める。

ブルームバーグインテリジェンスのレポートにて、「FRB(米連邦準備制度)の金融引き締めの影響について、株式市場がリスクオフに傾いた場合、ビットコインは逆風に直面するだろう。」「しかし、株価下落が債券利回りを圧迫し、中央銀行の流動性を高めるインセンティブを与える限り、仮想通貨市場にプラスに働く可能性は十分考えられる。」と報じた。

Mohit Sorout(@singhsoro)氏の指摘によれば、20年3月以降、大手デリバティブ取引所BitMEXにおけるビットコイン(BTC)先物のFundingRate(資金調達率)がマイナス圏に突入した時は、結果的に上昇前の底値となっている。

Mohit Sorout

FundingRateは、デリバティブ(金融派生商品)市場の過熱感を示すものであり、その性質上プラス圏で推移することが多い。マイナスに転じるケースではデリバティブ市場におけるショートポジションの増加、及び下目線の偏りを示しており、将来的な買い戻し圧力となり得る。

また、市場心理を示すCrypto Fear & Greed Indexは、極度の恐怖(Extreme Fear)を示す21に達した。前月は楽観(Greed)を示す74だったが、180度転換した。Fear & Greed Indexは、ボラティリティ、市場のモメンタム、SNSの感情分析、ドミナンス、Googleトレンドから算出する指標。

Crypto Fear & Greed Index

なお、下落局面においては高騰していたアルトコインほど資金抜けが顕著となりやすい。ビットコインの市場占有率を示すドミナンスは41.9%まで上昇した。2021年以降のアルトシーズンはBTCドミナンス50%前後で始まり、いずれも30%台後半でピークに達している。

ドミナンスの推移

ビットコインの9割が採掘完了

ビットコイン(BTC)の発行上限(総供給量)2100万枚の内、90%となる1,889万BTCが採掘されたことがわかった。 2009年1月9日、ビットコイン(BTC)が最初にマイニングされてから早12年。

残りは200万BTC未満となるが、4年に1度の半減期で減少しており、2033年頃に99%に達し、掘り尽くすのは2140年までかかる見通し。ブロック報酬は、現在の6.25BTCから2024年の次回半減期では3.125BTCまで半減する。

関連:ビットコイン半減期とは?仮想通貨価格への影響と警戒ポイントを解説

ビットコインでは、取引のトランザクションをまとめたブロックが生成される度、計算作業を行った採掘者(マイナー)に対し、報酬として新しいビットコインが渡される。 この作業がいわゆる「マイニング」と呼ばれるものだ。

今年5月には、中国が仮想通貨(暗号資産)関連企業への締め付けを本格化。

大手マイニングファームが相次いで稼働停止・海外移転を余儀なくされた。この影響により、ビットコインの採掘活動が機能不全に陥り、ハッシュレートが急落したが、12月9日までに、過去最高値180TH/s水準に達するなどほぼ回復した。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します