CoinPostで今最も読まれています

世界をリードするバイナンスが発表した「ビッグニュース」3選|1000億円規模の仮想通貨ファンド、ほか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンスが3つのビッグニュースを発表
仮想通貨業界をリードする世界最大手取引所「バイナンス」は、Binance Labs開催のカンファレンスにて、10億ドル(1,000億円)規模のファンド設立や支援プロジェクト「Dache Chain」など、3つのビッグニュースを発表しました。
BNBとは
バイナンスコイン(BNB)は、取引高で世界一を記録した経験がある仮想通貨取引所のバイナンスが発行している、独自仮想通貨。ERC20(Ethereum Request for Comments:Token Standard #20)トークンの規格で作られたもので、Ethereumのブロックチェーンを使用している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

バイナンスが3つのビッグニュースを発表

世界最大手の取引所のバイナンスは5月31日、所有する「インキュベーター」チームであり、自社起業家支援プロジェクトの「Binance Labs(バイナンスラボ)」初主催となるオンラインカンファレンスを開催しました。

カンファレンスは、バイナンスCEO「Ella Zhang」氏らをはじめとする主要メンバー紹介、バイナンスラボの説明のほか、主に3つのビッグニュースが発表されました。

バイナンスラボの特徴について

まず同カンファレンスでは、バイナンスラボがどのような特徴を持ったプロジェクトであるかについて、説明がありました。

特徴1

1つ目は、「研究所」の性質があること。

バイナンスラボではその名の通り、ブロックチェーン技術や暗号化に関する研究・開発を行っていく組織です。

特徴2

2つ目は、投資収益率のみを重視するのではなく、仮想通貨の生態系全体、ひいては社会全体にとって有益なエコシステムの提供に力を入れた”エコロジーファンド”であることです。

運営の発表によれば、

  • パブリックブロックチェーン
  • 分散型取引所(DEX)
  • 保管、支払い用ウォレット
  • ステーブルコイン(一定価格の安定通貨)
  • 電子取引システム(ATS)/セキュリティートークン向けのプラットフォーム

上記、5分野への投資に注力するとしています。

特徴3

3つ目は、スタートアップの育成と資金提供に力を入れるインキュベーターであるということ。

以上のように、大別して3つの特徴をバイナンスラボは有しています。

自主規制組織「CCG」の設立

カンファレンスで発表された最初のニュースは、自主規制団体「CGI(Cryptocurrency Governance initiatives)」の設立です。

国際的な規制枠組みが、まだまだ未熟な状態にある仮想通貨界の現状において、市場関係者が頭を悩ませ続けている懸念材料の一つが、詐欺コインやピラミッドスキーム(ネズミ講)などの犯罪行為です。

仮想通貨市場でプレゼンスを高める「バイナンス」は、世界最大規模の取引所である自らが、率先して自主規制団体を設立することによって、このような問題の解決に対して真っ向から取り組む方針です。

10億ドル(1,000億円)規模のファンド設立

そして、同カンファレンスで最も注目を集めた発表が、「10億ドル(1000億円)規模のファンド設立」に関するものです。

カンファレンス内でバイナンスラボは、10億ドル規模の「Community influence」ファンドと、20のパートナーと共同による「Binance ecosystem」ファンドの立ち上げを発表しました。

具体的な情報までは公開されていませんが、ファンド内での投資には独自通貨の「BNB(バイナンスコイン)」が用いられるほか、1億ドル(100億円)以上の規模が必要であるといった、参加条件があるようです。

ファンド設立の背景としては、仮想通貨業界ではこれまであまり見られなかった、ファンドからの資金獲得を含めた”より柔軟な資金創出の在り方”をバイナンスが模索していることが挙げられます。

支援プロジェクト「Dache Chain」

またカンファレンス内で、同プロジェクト初となる支援事業も発表されました。

Weixing Chen氏とJun Jun氏によって設立された、中国版Uberとも言われる配車アプリ「Didi chuxing」に匹敵する配車アプリを開発する「Kuwaidhi Dache」が手掛ける新プロジェクト、「Dache Chain」です。

同プロジェクトは、ブロックチェーン技術を応用することで、Uberに匹敵する規模のライドシェアプラットフォームを築く構想であり、バイナンス陣営はこのプラットフォーム構想の実現によって、「純粋な共有エコシステムを実現し、”生産性と富の不公平な配分”の問題を解決することが期待できる。」と語っています。

現時点では、どのようなプラットフォームになるのかといった詳細までは明かされておらず、スケーラビリティ問題、セキュリティ問題など、ブロックチェーンが抱えている諸問題について、Dache Chainがどのように対処していくのかまでは判然としません。

その一方で、Chen氏は起業家以外にもバイナンスをはじめとした、12のブロックチェーン関連プロジェクトに投資を行う著名投資家としても知られており、こうした背景からも、Dache Chainの取り組みに対して高い関心を集めています。

すでに4プロジェクトに投資

さらにバイナンスラボは、

  • MobileCoin(仮想通貨)
  • Oasislabs(スケーラブルでプライバシー保護されたスマートコントラクトのための次世代ブロックチェーンプラットフォーム)
  • Certik(信頼できるスマートコンタクトとブロックチェーンの生態系を構築するための検証プラットフォーム)
  • Republic(SECとFINRAに登録された、クラウドファンディングプラットフォーム)

以上、4プロジェクトへの投資を公開しました。

バイナンスは先日、中国や日本などの規制当局による影響を受け、仮想通貨に対して好意的な姿勢を取る、地中海の島国「マルタ」への拠点を移すことを発表しており、バイナンスの今後に対して世界中の市場関係者からの視線が集まる中、今回のカンファレンスは開催されました。

今回のカンファレンスは、事業内容の詳細発表というよりは、ある種の所信表明とも言えるものでした。バイナンスは、仮想通貨業界のトップを走るリーディングカンパニーとして、ますますその存在感を強めています。

CoinPostの関連記事

バイナンスコイン(BNB) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
仮想通貨 バイナンスコイン(BNB)とは/今後の将来性について
仮想通貨バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)とは何か、また今後の将来性についてを解説しました。バイナンスコインはその特性上、Binanceの信用度や成長性に大きく影響を受ける通貨で、手数料割引や投票制度などで使われています。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア