パリーグ6球団とメルカリ、12月中に公式NFTの提供開始へ

パリーグの公式NFT

パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)と株式会社メルカリは16日、パ・リーグ6球団として初のNFTコレクション「パ・リーグ Exciting Moments β」を年内にリリースする方針を発表した。

「パ・リーグ Exciting Moments β」はパ・リーグ6球団の名場面を捉えた動画コンテンツNFT(非代替性トークン)を提供する公式サービス。従来では試合の公式映像はダウンロードが禁止されているが、NFTを購入した場合は動画をダウンロードすることなどが可能となる。12月中の提供開始を予定している。

初期ラインナップでは、2021シーズンに活躍した18名の選手の名シーンを捉えたNFTをリリース。各球団から3名ずつ選出し、初回版は星2から4の提供する。

プロ野球史上8人目となる投手5冠を達成し、パリーグMVPも獲得した山本由伸選手や連続登板無失点記録を樹立した平良海馬選手など各チームのスター選手の名場面がNFT化される格好だ。

ローンチ当初はNFTの販売のみ可能だが、長期的にはブロックチェーンを活用したサービスやコレクションの再販機能、そしてコミュニティ活性化を目的としたマーケットプレイスの構築も検討する。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

コロナ禍で無観客試合や感染防止対策の徹底を余儀なくされ、プロ野球界全体の収益が苦しむ中、これまでもリーグの公式動画配信サービス「パーソル パ・リーグTV」などを手掛けてきた。

また、連携先の株式会社メルカリは大手フリマアプリ「メルカリ」を提供する他にも、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン関連の子会社「メルコイン」を21年4月に設立。取引所の提供や「売上金をビットコインで受け取る機能」、決済・送金機能なども提供する予定で、暗号資産交換業者の新規登録も目指している。

関連:メルコインとは|事業の将来性と仮想通貨市場への影響

プロ野球界とNFT

リーグ全体としてのNFT事業は今回が初であるものの、パリーグ球団とPLMがNFT事業に関心を示すのは今回が初の事例ではない。

パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)は9月にも株式会社西武ライオンズと連携して、埼玉西武ライオンズの公式NFTをリリースしていた。日本のプロ野球界では初のNFT販売事例だった。

関連:西武ライオンズが公式NFT販売を開始 日本プロ野球界で初事例

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します