CoinPostで今最も読まれています

マルチチェーン時代の流動性課題を解決するSymbiosisとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Symbiosisとは

Symbiosis Financeはスケーラブルなクロスチェーン流動性エンジンの開発を行っており、現在はテストネット段階にある。複数チェーンにまたがったステーブルコインのAMMプールを利用したソリューションにより、流動性の移転を容易にすることを目標としている。

現在、暗号資産エコシステムとしてもっとも繁栄しているイーサリアムは、需要の拡大と共に処理能力やガス代の高騰に悩まされてきた。そのため、SolanaやAvalanche、Fantom、Polygonに代表される、L2系や独自の生態系を持つプロジェクトはその代替ソリューションとして競争を激化させている。

マルチチェーンの共存は暗号資産の未来において、ほぼ確実になったと言えるものの、ユーザーは未だに、ブロックチェーン間の資産の移動におけるツールの不足に悩まされており、1つのエコシステム内に閉じこもっている状況にある。

Symbiosisのソリューションの基盤は、ユーザーが簡単にチェーン間で資産を移転することを可能にする、クロスチェーン流動性エンジンになる。

クロスチェーンソリューションとしては、これまでにアトミックスワップやブリッジなどが考案されており、中でもブリッジは今日のエコシステム内で多く利用されている。

ブリッジが利用されるのは、アトミックスワップより単純であり、KYCがない仕組みであることが理由の一部だという。一方で、ブリッジには欠点も存在しており、流動性の断片化、単一障害点、および不十分なUXなどが長期的に障害となる可能性を持っている。

Symbiosisは最適なクロスチェーンエンジン構築における三つの主要な課題を挙げ、それに対して解決策を提示した。三つの課題とはユーザーエクスペリエンス、流動性のスケーリング、ペギングメカニズムである。

ユーザーエクスペリエンス、流動性のスケーリング、そしてペギングメカニズム

一点目の課題である「ユーザーエクスペリエンス(UX)」とは、一般に製品やサービスを利用することで得られる体験を指す。UXはプロダクトにとって非常な要素で、ユーザーがサービスに関する技術等の知識がないままでも利用できるような体験は一つの理想形となる。

アップルの製品が説明書を必要としないアプローチで有名なように、暗号資産においても、ユーザーがどのチェーンを使っているかも気にすることなくトークンを交換できるようなマルチチェーンエコシステムが繁栄すると考えられている。

二点目の「流動性のスケーリング」は、クロスチェーンソリューションにおいて最大の課題と見なされてきた。クロスチェーンの主流なソリューションであるブリッジでは、資産を移動するために、移動先で独自のラップドトークンを発行する形が取られる。

しかし、これは単に管理を複雑にするだけでなく、流動性の断片化を起こし、ユーザーの手元には十分な流動性を持たないラップドトークンが残されるリスクをはらむ。

アトミックスワップについても、ユーザーは交換する資産ペアに限定されるのみならず、ぴったりの量を交換してくれる相手を見つける必要があり、スケーラブルな手段とはなりえない。

三点目である「ペギングメカニズム」もまた、流動性のスケーリングと同様に重要な要素になる。ペギングメカニズムはスケールさせることが難しいことから、多くの場合、信頼を必要とする手順を含んでいる。これは高速さを得られる選択肢ではあるものの、分散化に向かう場合は、中継者が流動性を盗むことを防ぐ方法を考える必要が生じてくる。

全体の流動性を計算し、ステーキングによってその2倍の価値を確保するようなアプローチは、ステーキング量を最大化する一方で流動性を最小化する必要があり、資本効率の点で課題がある。ブリッジやTHORChainのようなソリューションにおいても流動性の断片化や不必要な非効率性を生み出すことが問題になってくるという。

ソリューション

Symbiosis Financeでは、クロスチェーンスワップのための一連のスマートコントラクトである、スケーラブルなクロスチェーン流動性エンジンを開発し、上記のような課題の解決を図る。

革新的なコンセプトとしては、資本効率の高い流動性プールを利用している点だという。それぞれが別のチェーンネイティブとなっている二つのステーブルコインによって構成されたこの二つのAMMプールがある。例えばBSCとETHの資本効率の高いプールを作るためには、それぞれのチェーンで流動性の高いステーブルコインのペアを持つ必要がある。(この場合はBUSD/USDC)

目的はあくまで、チェーン間で最も簡単な流動性の移動を実現することにある。上記の仕組みでは、それらのプールがこれまで最も流動性を持ったマーケットであることが、即ち最も効率の良い方法になる。

それぞれのトークンを別のトークンとペアリングする必要や、THORChainのようにすべてのペアリングで中間トークンを使用したりする必要がないため、真にスケーラブルな流動性エンジンを構築できるという。

では、ステーブルコインやネイティブアセットのプールによって効率のよい流動性の移動ができたとして、これをどんなトークンでも利用できるようにするためにはどうすればよいのだろうか。 そこでSymbiosisではクロスチェーンルーティングと呼ばれる仕組みを用意した。

スワップが実行されるとトランザクションはアグリゲーターを介してルーティングされ、続いてステーブルコインまたはネイティブアセットプールを介してルーティングされる。この場合、どちらのルートかは効率性で判断される。これらは1inchのようなアグリゲーターに近い仕組みになっている。

出典:Symbiosis

例えば、Symbiosisを使ってUNI(イーサリアム)からCAKE(バイナンス)へのスワップをしたいとする。この場合、中間スワップは例えばUNI → USDC; sUSDC → BUSD; BUSD → CAKEのようになる。

まず、プロトコルはユーザーに代わりUNIとUSDCのスワップを最適な価格のAMMで行う(このAMMはSymbiosisに属さない)。USDCがアドレスに預けれられるとクロスチェーンスワップのリクエストが発せられる。

続いてSymbiosisのリレイヤーネットワークは合意を経てトランザクションを宛先のブロックチェーンに送信する。次に合成コントラクトはUSDCに対して1:1のsUSDCを発行、BUSDへのスワップを実行する。最後にプロトコルはUSD → CAKEを最適価格で実行する(このAMMはSymbiosisに属さない)。

一連のトランザクションに対し、ユーザーは一つの署名のみで済む。また、一見して複雑なこのプロセスによって、最小の価格ボラティリティや明確な裁定機会のインセンティブが生まれ、ユーザーの利益につながるという。

ローンチに向けた準備を進める

これまで見てきたように、Symbiosisは、異なるブロックチェーンネットワーク間での流動性の断片化と、DeFiおよびWeb3におけるユーザーエクスペリエンスの低下という2つの問題を解決することを目的としている。

現在、テストネットの構築とローンチに向けた準備が進められており、ユーザーはテストネットを体験することが可能だ。

また、トークンも既に流通しており大手取引所OKExは16日、新たにSymbiosis(SIS)を上場し、現物取引が可能となったことを発表した。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧