イングランド銀行、国際的な仮想通貨規制の協議を求める

機関投資家の参入

英国の中央銀行にあたるイングランド銀行(BoE)は、より厳格な国際的規模の暗号資産(仮想通貨)規制が必要だと考えているようだ。

The Sunday Timesの報道によると、BoEの金融安定化戦略・リスク担当エグゼクティブ・ディレクターであるSarah Breeden氏は、顧客に対して仮想通貨取引や保管サービスを提供する金融機関(銀行を含む)の数が増加しているため、金融システム保護のためには世界の規制当局によるの新たなルール作りが必要だと訴えた。

機関投資家による仮想通貨保有に関する信頼できるデータを把握する上で、BoEは課題に直面したとBreeden氏は語り、より緊密な国際協力の必要性を強調している。

これは英国が単独で解決できることではない。

関連: 英中銀総裁「デジタルマネーは公益に合致するかどうか評価すべき」

金融安定化報告書

Breeden氏の発言は、今月BoEが発表した金融安定化に関する報告書の内容を反映している。

報告書では仮想通貨は世界の金融資産の約1%を占めるに至っているが、その大部分(約95%)が原資産がなく「裏付けのない」ものであると指摘。また「現在、仮想通貨が英国の金融システムの安定性に及ぼす直接的なリスクは限定的である」とする一方で、同市場の急速な成長のペースに加え、従来の金融システムとの融合が進むにつれて、仮想通貨が金融安定化のリスクを引き起こす可能性があると注意を促している。

その対応策として、BoEは国内及びグローバルレベルで、規制と法執行の枠組みを強化することが必要であると主張。さらに「国際的な取り組みを歓迎する」としている。

分散型金融とステーブルコイン

報告書では、融資、取引、保険など様々な金融サービスを提供する分散型金融(DeFi)が急成長している事実に触れ、仮想通貨エコシステムが複雑さを増すことから新たなリスクとなる可能性について言及。またステーブルコインの利用については、決済手段として使用されるステーブルコインの規制の枠組みを整備し、BoEに規制権限を付与とするという、英財務省の提案を歓迎すると述べた。

報告書をまとめた金融政策委員会(FPC)は「安全なイノベーション」を支援するため、財務省や金融行動監督機構(FCA)、銀行暗号資産作業部会(CATF)が行った規制アプローチの評価を支持するとしている。

FCAとは

FCAとはFinancial Conduct Authority(金融行動監督機構)の略で、イギリスの金融規制機関。

▶️仮想通貨用語集

関連:仮想通貨等「規制対応、急務」 英中銀副総裁

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します