米ジャクソン市、職員の給与を仮想通貨に変換できる制度を推進 現地メディア報道

職員の給与を仮想通貨へ変換

米テネシー州のジャクソン市は、市の職員が給与を暗号資産(仮想通貨)に変換できるようにする計画を、実際に進めていることが分かった。現地メディア『Jackson Sun』が報じた。

仮想通貨への変換をサポートする企業の募集を22日から開始し、各企業からの提案を2月までに専門委員会が精査するという。おそらく2月には、専門委員会が地方議会に提案を行うだろうと説明している。仮想通貨に給与を変換できるようにして、市の職員に選択肢を提供することが目的だ。

ジャクソン市が仮想通貨への給与変換制度の導入を検討していることは今年4月にも明らかになっていた。Scott Conger市長が公式ツイッターアカウントで言及し、その際、ビットコイン(BTC)を市の財政へ導入することを計画していることも報じられている。

その際、当時からジャクソン市職員の給与には、すでに繰越給与などを介した退職貯蓄制度が提供されており、この制度にビットコイン変換の選択肢を加えると伝えられていた。一方で今回Conger氏は「事前に設定した給与の金額をビットコイン(BTC)や他の仮想通貨に変換できるようにする」と述べたもようだ。

関連米テネシー州、ビットコインの財政導入を計画

Conger氏は現地メディアに対し、「テネシー州の法律は、市が独自のバランスシートを持つことを許可しておらず、我々が直接ビットコインで給与を支払うことはできない」と説明。「そのため、サードパーティのプラットフォームに協力してもらう必要がある」と述べた。

バランスシートとは

企業や組織の財政状況を示す貸借対照表のこと。

▶️仮想通貨用語集

具体的には給与を差し引き、その分の米ドルが仮想通貨の購入に回されるようにする仕組み。市職員の給与を仮想通貨に変換できる制度が実現すれば、米国初の事例になるという。

Conger氏は「今回のシステムが実現すれば、例えばビットコインで代金を支払って欲しいと望む市の請負業者も、代金を仮想通貨に即座に変換できるようになるだろう」とも説明した。

市長の給与もビットコインに

米国では最近、市長がビットコインで給与を受け取ると宣言する事例が複数確認されている。

仮想通貨支持派として知られるConger氏も先月、ビットコインで給与を受け取ると宣言。ジャクソン市の条例では、まだビットコインでの給与受取は可能ではないものの、支払いを受け取った直後にビットコインに交換するとした。

関連次期ニューヨーク市長、給与のビットコイン受け取りを宣言 マイアミ市長に続く

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します