ジャック・ドーシー氏、Web3.0批判で論争に発展

「Web3.0の所有者はVC」

ツイッターの創業者で米決済企業Block(旧スクエア)のJack Dorsey CEOは21日、Web3.0を厳しく批判するツイートを投稿。ツイッター上で活発な議論が展開された。

「Web3.0」を所有しているのはあなたではない。

ベンチャー・キャピタル(VC)とその有限責任パートナー(LP)だ。そのインセンティブから逃れることはできない。結局のところ、異なるレッテルが貼られた中央集権的な組織に過ぎない。

何に首を突っ込んでいるのか知っていた方がいい。

Web3.0とは

Web3.0は、現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。

▶️仮想通貨用語集

起業家でエンジェル投資家のBalaji Sarinivasan氏は、Dorsey氏のこの考えには同意できないとツイート。自由な言論のプラットフォームとしてスタートしたツイッターだったが、企業としての、さらには政治的なインセンティブによりユーザーを検閲したり排除するに至ったと同社を批判した。

それに対し、その理解は間違っているとDorsey氏は反論。ツイッターはその創業当初から、企業としてのインセンティブを持っていたと主張した。そしてWeb3.0も同様に企業としてのインセンティブを持っているのにもかかわらず、「分散化」の名の下にその真意を隠していると警告した。

さらにDorsey氏自身もVCからの投資の恩恵を受けたではないかとの批判には、「だからこそ、よくわかるんだ」と返答し、下記の風刺画を掲載した。

 

一方、クリプト界隈のユーザーは「この風刺画は、ただミーム(真逆の意味)だ」と揶揄している。

Musk氏も参戦

このようなDorsey氏の批判に触発され、米テスラ社のElon Musk CEOは「誰かWeb3.0を見たか? 見つからないんだけど。」とツイート。Dorsey氏は「aとzの間のどこかだ」と返し、Web3.0の提唱者である米大手VCの「a16z」(アンドリーセン・ホロウィッツ)を揶揄した。

Musk氏はまた、Web3.0は「今は現実というより、マーケティングの流行語のように見える」と付け加えた。

ビットコインはドルに取って代わる

Dorsey氏はビットコイン(BTC)推進派としても知られている。Web3.0批判と同じく21日に同氏は米人気歌手Cardi B氏が提起した質問、「暗号資産(仮想通貨)はドルに取って代わると思うか」に、「ビットコインならそうなる」と答えた。

このツイートには多数の賛否両論が寄せられているが、ビットコインへのDorsey氏の信頼は揺るぎないようだ。

先月末に、ツイッター社のCEOを辞任したDorsey氏は、現在、ビットコイン関連の活動に力を入れているように見受けられる。

同氏がCEOを務めるブロック社の送金アプリ「Cash App」は今月初めに、ビットコインの新機能である「Taproot」に対応開始。15日にはビットコインのギフト送信機能を新たにローンチした。また、16日にはDorsey氏と著名ラッパーJay-Z氏が設立したビットコイン基金「₿trust」の役員4名を発表するなど、ビットコインの普及を後押しする活動に取り組んでいる。

関連:ブロック社ドーシーCEO、「ビットコイン基金」の役員陣営を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します