パキスタン商工会議所、仮想通貨取引の促進政策を政府に提言

「国家的な仮想通貨戦略が急務」と提言

パキスタン商工会議所連合会(FPCCI)のNasir Hayat Magoon会長は19日、パキスタン人が保有する暗号資産(仮想通貨)の価値は約200億ドル(約2.3兆円)に上ると主張した。また、パキスタン政府に仮想通貨取引を促進する政策を導入するよう呼びかけている。Pakistan Observerが報じた。

Magoon会長は、記者会見で、200億ドルという仮想通貨保有額は、FPCCIの調査報告書に基づくと述べている。

パキスタン商工会議所連合会(FPCCI)とは

英語でFederation of Pakistan Chambers of Commerce & Industry。1950年設立。パキスタン民間セクターの総意を代表しており、輸出、海外投資、経済活動活性化などについて政府に助言を行っている。

▶️仮想通貨用語集

FPCCIは、パキスタンにおける仮想通貨の状況についての報告書を発表しており、2020年から2021年の概要をまとめ、政策提言を行っている。「国家的な仮想通貨戦略を早急に策定することが必要だ」という。

パキスタンにおける仮想通貨

FPCCIは現況に関して、ブロックチェーン分析企業チェイナリシスのレポートを参照しながら、仮想通貨の保有額が約200億ドルに達し、2020年から711%と急激に増加していると指摘した。パキスタンは、草の根で仮想通貨が普及している程度を測定するチェイナリシス独自の「仮想通貨採用指標」で世界3位にランクインしている(8月発表)。

関連「日常的に仮想通貨を利用する国」ランキング2021 上位の国が変化

FPCCIは、このように仮想通貨をめぐる活動が活発している中で、仮想通貨を正式に資産クラスとして認め、規制や投資の環境を整えていくべきだと論じた。

報告書によると、現在、パキスタンの法的枠組みは仮想通貨を「グレーゾーン」に置いている。パキスタンの中央銀行は、市民に対して仮想通貨に手を出さないよう勧告しており、中銀の傘下にある企業に対しては仮想通貨取引を禁止している。しかし、多くの投資家が検知されにくいピアツーピア(P2P)取引を行っているという。

P2Pとは

専用のサーバーを介せず、接続されたコンピューター同士がコミュニケーションするネットワーク形態のこと。

▶️仮想通貨用語集

政策提言

FPCCIは、むしろ仮想通貨を認め、規制していくことにより恩恵が得られるとしている。政策提言として、以下のような項目を挙げた。

  • 株式投資と同様の課税制度を導入し、新たな税収源とする。
  • 法律を見直し、仮想通貨取引やマイニング活動を規制しうるセクションを導入する。
  • パキスタン証券取引委員会(SECP)が、その傘下に正式な仮想通貨取引所を設置する。
  • 仮想通貨の上場投資信託(ETF)を立ち上げる。

この内、ETFについては「多様なポートフォリオを求める地元の投資家にとって、魅力的な投資オプションとなる。さらに、国内外から投資を呼び込み、パキスタンの株式市場の流動性を高めることにもつながる」と述べている。

規制面については、仮想通貨取引を追跡するメカニズムの必要性や、海外への資本流出を避けるための制限、仮想通貨を法定通貨としては採用しないことなどに言及した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します