CoinPostで今最も読まれています

「日常的に仮想通貨を利用する国」ランキング2021 上位の国が変化

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2021年仮想通貨採用度ランキング

ブロックチェーン分析会社Chainalysisが昨年に引き続き、独自の「仮想通貨採用指標」を用いて、日常的にビットコイン(BTC)など暗号資産(仮想通貨)の使用が進んでいる国ランキングを作成した。

出典:Chainalysis

その結果、1位ベトナム、2位インド、3位パキスタンがトップに躍り出た。昨年の1位ウクライナ、2位ロシア、3位ベネズエラから変化している。

20位内にランクインした国々には新興国が多く、米国は昨年の6位から8位、中国は4位から13位にランクダウンした。

Chainalysisの「仮想通貨採用指標」は、草の根で人々がどのくらい盛んに取引しているかを探るために開発された指標だ。

単純に取引量だけでランク付けした場合には、多額の仮想通貨を動かす機関投資家の多い国が上位に位置することが予測される。これに対してChainalysisは、一般の人々の取引や貯蓄に関連するユースケースに焦点を当てた。

受信されたオンチェーンの仮想通貨額、送信されたオンチェーンのリテール販売額、P2P(ピアツーピア )取引所における取引量という3つの指標から154か国を評価。各指標は、購買力平価を加味して調整されている。

購買力平価説(Purchasing Power Parity)とは

為替レートを決定するための仮説の一つ。購買力が等しくなるように為替レートが決定されるとするもので、例えば同一の商品を1ドルまたは100円で買える場合、1ドル=100円で購買力平価が実現しているとみなす。応用例としては、各国のマクドナルドで売られているハンバーガーの価格を比べる「ビックマック指数(BMI)」がある。

▶️仮想通貨用語集

世界各国で仮想通貨の採用増加

Chainalysisによると、2021年の重要な傾向としては、まず世界の国々で一般市民の仮想通貨採用が増えたことである。

下の図は、2019年第2四半期から現在までの各四半期において、「仮想通貨採用指標」をあてはめて、154か国の指数スコアをすべて加算したものだ。2020年第2四半期末には、スコア合計は2.5だったが、2021年第2四半期末には、24となり9倍以上に伸びた。

出典:Chainalysis

Chainalysisは、仮想通貨の採用が増加した理由は、新興国と先進国で異なっていると分析している。

新興市場では、多くの人が自国通貨の切り下げに備えた貯蓄の保護、資金の送受信、ビジネス取引を行うために仮想通貨を利用している。一方で、北米、西欧、東アジアでの採用増加は、機関投資家によるものが多かったという。

それに加えて、ベトナム、ベネズエラ、ケニア、ナイジェリアなどの国が上位にランクインした理由としては、中央集権型取引所にアクセスできないことが多く、P2Pプラットフォームでの取引量が大きいことが主な理由だと説明する。

米国と中国のランクは低下

2020年6月頃より、米国と中国のP2P取引量は減少に転じ、これがランキングに影響を与えた可能性もある。Chainalysisは、米国では仮想通貨取引への専門家や機関投資家の参入が進んでおり、中国では、政府による仮想通貨取引の取り締まりが強化されたことがP2P取引量低下の背景にありそうだと分析した。

仮想通貨に関心高いベトナム

今年1位にランクインしたベトナムは、他の調査でも国民の仮想通貨への関心の高さが示されている。統計企業Statistaが2020年に行った調査によると、ベトナムは「仮想通貨を使用または所有したことがある」者の割合が回答者の21%と、世界で2番目に高かった。(1位はナイジェリア)

出典:Statistica

また、7月にはベトナムの首相が、ベトナム中銀に、2021年から2023年の期間で、ブロックチェーン技術に基づく仮想通貨の試験プログラムを行うよう求めたと報道されている。

関連ベトナム、デジタル化戦略の一環で「仮想通貨」に取り組む意向

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。
12/01 木曜日
16:51
フレア(FLR)、年明けにトークン配布イベントへ
20年12月12日時点の仮想通貨XRPの保有者に対して配布予定の「フレア:旧スパーク(FLR)」について、トークン付与(エアドロップ)の実施予定日と対応取引所リストが発表された。
16:32
JCBIら、自己主権型IDの共同研究を開始
一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)は、自己主権型アイデンティティ(SSI)の社会実装をテーマとした共同研究を開始することを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧