CoinPostで今最も読まれています

ベトナム、デジタル化戦略の一環で「仮想通貨」に取り組む意向

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨はデジタル化戦略の一環

ベトナムのファム・ミン・チン首相が、ベトナム国立銀行(略称SBV、ベトナムの中央銀行)に、2021年から2023年の期間で、ブロックチェーン技術に基づく暗号資産(仮想通貨)の試験プログラムを行うように求めたことが分かった。地元メディアThe Phnom Penh Postが報道した。

首相は、デジタル政府に向けた電子政府開発戦略「No 942/QD-TTg」に署名したところで、仮想通貨の調査もこの戦略の一環だ。仮想通貨の他、人工知能(AI)、ビッグデータ、拡張現実や仮想現実(AR/VR)についても、電子政府構築のために開発・活用することが目指される。

第942号によると、仮想通貨の研究・構築・試験運用は、コアテクノロジーを開発しコントロールするための重要な位置づけにあるとして、仮想通貨の研究や試験運用を管轄する機関をベトナム国家銀行(中央銀行)に定めた。実施期間は2021~2023年と明記している。

これまでベトナム国立銀行(SBV)は、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨はベトナムで法的に認められておらず、決済手段としての使用にも法的根拠や保護がないと強調してきた。2018年には、マネロンやテロ資金調達、脱税のリスクを挙げて、商業銀行などが仮想通貨の取引を行わないように求めている。

しかしこうした姿勢は少しずつ変化している模様だ。ベトナム財務省も、仮想通貨についての調査を実施し管理方法を提案するための特別なワーキンググループの設立を発表している。

「デジタルマネーは避けられないトレンド」

ホーチミン経済大学イノベーション研究所のHuynh Phuoc Nghia副所長は「デジタルマネーは避けられないトレンド」で、ベトナム政府が仮想通貨のパイロットテストの方法を研究して実行する時が来たと話した。

パイロットテストの実施は、政府が仮想通貨のプラス面とマイナス面を見つけることや、より適切な管理メカニズムを構築することに役立つという。また、ベトナムではキャッシュレス決済が増加しており、中央銀行がデジタル通貨を認めることは、それを促進させるだろうとも付け加えた。

ベトナムでは仮想通貨の法的根拠は整備されていないが、国民の仮想通貨への関心は高い。調査企業Statistaによると、2020年にベトナムは「仮想通貨を使用または所有したことがある」者の割合が世界で二番目に高かった。首位のナイジェリアが32%、ベトナムが21%でこれに続いている。

またベトナムのテクノロジー企業関係者からは、仮想通貨の正式な定義が必要だという声も挙がっている。「仮想通貨、デジタル通貨、電子マネー」など、様々な言葉が使われていることで混乱を招く可能性があると指摘した格好だ。

なお、今回ベトナム政府がパイロットテストを行う仮想通貨とは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるか、ビットコインなど民間の仮想通貨なのか、その方向性はまだ報じられていない。

CBDC(中央銀行デジタル通貨)

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された法定通貨を指す。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

フィリピンでも仮想通貨に関心高まる

アジアの事例としてはフィリピンで、国内最古の証券取引所「フィリピン証券取引所(PSE)」が、将来仮想通貨取引を提供することを希望していることが分かった。

PSEのCEO、Ramon Monzon氏はCNN Philippinesに、関心の高まりを考えると「仮想通貨はフィリピンでもはや無視できない資産クラス」だと話した。先に引用したStatistaの調査で、フィリピンは仮想通貨ユーザーが世界3番目に多い国にランクインしている。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/27 金曜日
07:55
ムーディーズ、ステーブルコインの評価システムを開発か
格付け会社ムーディーズは、仮想通貨ステーブルコインの評価システムを開発していることがわかった。ブルームバーグの情報筋が、開発の現状や評価付けの概要を説明している。
07:20
NYダウ5日続伸 強い米GDPも景気鈍化の兆しか|27日
本日のニューヨークダウは5日続伸。GDPが予想よりも速いペースで増加した結果、マイルドな景気後退への期待は高まった。ビットコインは23,000ドル台を維持している。
01/26 木曜日
16:34
2023年のビットコインマイナーの売り圧力は? Galaxy Digitalが分析
米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital社は、2022年末のマイニング産業の分析レポートを発行した。資金調達手段の限られた多くのマイナーがサバイバルモードにあり、2024年のビットコイン半減期までは継続すると見られている。
12:37
米サークル社がSECを非難「SPAC株式上場計画の頓挫に責任あり」
ステーブルコイン「USDC」を運営する米サークル社は、特別目的買収会社を通じた株式市場への上場計画が頓挫したのは、米証券取引委員会の不作為によるものだとして、規制当局を非難した。
12:32
Lido、イーサリアム出金方法を投票へ
リキッドステーキングプロトコルLido Financeで、仮想通貨イーサリアムの出金方法に関する提案書が提出された。LidoはETHのステーキングサービスのトップシェアを占める。
12:07
ビットコイン調整入りせず続伸、APTは前週比137%高と高騰
米金利引き上げペースの鈍化予想と堅調な米株指数に支えられ、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は調整入りを否定して続伸した。アルト相場ではAptos(APT)が高騰したほか、金融市場ではゴールド価格も大幅高となっている。
11:55
セルシウス、債務返済のための新トークン発行を検討
破綻した仮想通貨融資企業セルシウスは、債権者に返済するために新たにトークンを発行する可能性を検討している。破産裁判所はフレアトークン付与や一部ユーザーの出金を認めた。
11:35
SushiSwap、パーペチュアル取引を提供へ
分散型の仮想通貨取引所SushiSwapが、Sei Networkでパーペチュアル取引をリリースする計画がわかった。Sei Networkはトレーディング向けにカスタムメイドされている。
10:15
Moonbirds発行企業の創設者、1億円超のNFT盗難被害か
NFTコレクションMoonbirdsを手掛けるProofのKevin Rose共同創設者は、自身の仮想通貨ウォレットがハッキングされ、保有するNFTが盗まれたと公表した。
09:45
ナイキのWeb3「.SWOOSH」、ユーザー参加型コンテスト開催
ナイキが提供するWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」は、ユーザーが参加できるデザインコンテストを発表。受賞したユーザーはナイキのデザイナーと共同してデジタルスニーカーを作成できる。
08:00
米コインベース、2銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは26日、2つの銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:45
ロビンフッドのSNS、ハッカーが仮想通貨詐欺に悪用
仮想通貨などの投資アプリを提供する米ロビンフッドは、ツイッターアカウントが乗っ取られた。偽の仮想通貨を売りつけるハッカーの詐欺の手口が明らかになっている。
07:30
テスラ決算でBTC保有継続判明|26日金融短観
本日のニューヨークダウは一時400ドル超下落するも買い戻しが入り反発。仮想通貨市場ではアプトス(APT)が過去最高値をつけている。
01/25 水曜日
18:05
ステーブルコインのガイドライン改正、専門家や弁護士の見解は|CONNECTV・動画解説
今回のCONNECTVでは、JPYC代表の岡部典考氏と弁護士の落合一樹氏をお呼びして、新しく改正されたステーブルコインのガイドラインについて、何を注目しているかを伺った。
16:36
ImmutableXでAAAタイトルのゲーム開発へ
イーサリアムのL2スケーリングソリューションImmutableXは、高品質なMMORPGゲーム「Search for Animera」の開発計画について発表。基本プレイ無料だが、ジェネシスNFTの保有者だけが限定版にアクセスできる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧