ビットコイン支持派の米議員、来年に包括的な仮想通貨法案を提出予定

デジタル資産の分類方法から消費者保護まで

ビットコイン(BTC)支持派として知られるシンシア・ルミス米上院議員は、異なるデジタル資産の分類及び課税方法を定義する包括的な暗号資産(仮想通貨)法案を、2022年に連邦議会へ提出する予定がわかった。

超党派の共同提案者を歓迎します!あなたの選挙区の上院議員に、連絡をとって検討するよう働きかけてください。

ブルームバーグの報道によると、ルミス議員の案には以下のような項目が含まれるという。

  • どの資産クラスに属するかの明確な指針
  • 消費者保護の提供
  • ステーブルコインの規制
  • 仮想通貨市場を監督する新たな組織の創設

なお、新たな監督組織は、証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)との共同管轄下に置かれる予定とのことだ。

ワイオミング州選出

ルミス氏はワイオミング州選出の共和党議員。同州はテキサス州やフロリダ州などと並んで米国内でも仮想通貨に対して先進的な地域の一つとして知られる。

ワイオミング州議会は2019年、新たにカストディ銀行に類似した機能を持つ、特別目的預託機関(SPDI)制度の設立を承認。SPDIは、従来の資産以外にもデジタル資産を扱うことが可能だが、同州では、その定義を明確にしたデジタル資産法も今年の改正を経て7月1日に発効している。

州銀行局によると、すでに四機関がSPDIとして新たなデジタル資産銀行設立の承認を得ているとのことだ。

特別目的預託機関(SPDI)とは

特別目的預託機関(SPDI)とは、2019年に米ワイオミング州議会が新しく金融機関の地位として制定したもの。仮想通貨企業は法的根拠を得て、カストディや資産管理サービスを提供できるようになる。従来型資産も取り扱うことができるが、通常は顧客の法定通貨預金で融資を行うことは禁じられる。

▶️仮想通貨用語集

関連:米ワイオミング州、新たな「デジタル資産銀行」の設立を認可

しかし、ルミス議員はSPDI枠で認可を受けた機関が、法的要件は満たしているのにも関わらず、未だに連邦準備制度理事会(FRB)から、FRBに口座開設の承認を得られていないと指摘。銀行業務の開始が妨げられているとしてFRBを批判している。「デジタル資産への政治的なアプローチ」を許すジェローム・パウエルFRB議長の再任とラエル・ブレイナード理事の次期副議長指名に対して「疑念を抱いている」と付け加えた。

関連:仮想通貨支持派の米上院議員、パウエル議長の再任を不支持

ビットコインの保有

ルミス議員は以前よりビットコイン支持を表明している議員の一人で、上院銀行委員会のメンバー。同氏はBitpayのプラットフォームを介して、ビットコインで政治献金を受け付けている。

同氏が初めてビットコインを購入したのは、2013年で当時の価格は1BTC=330ドル(約3万8,000円)だったという。

今春には、上院に提出した年次財務開示書で、10万ドル(約1,150万円)から25万ドル(約2,860万円)相当のビットコインを保有していることが明らかになった。さらに8月には5万ドル(約570万円)から10万ドル(約1,150万円)分の範囲で追加購入したことを申告している。

関連:米上院議員、8月にビットコイン買増し──財務報告

ルミス議員は11月、米CNBCのインタビューでビットコインは「完全に分散化されたコモディティ」であり、デジタルゴールドであると主張。そのため、ビットコインは普及していくだろうが、その他の仮想通貨の多くは、商品よりも「証券」のような性質を持つものが多く、ビットコインとは異なる方法で監視されるべきであるとの考えを明らかにしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します