SOSトークン無料配布、OpenSeaユーザーが受取可能

OpenDAOが無料配布実施

OpenDAOという新しい自律分散型組織は24日、OpenSeaユーザーに対するSOSトークンの無料配布を発表した。

OpenDAOとSOSトークンはOpenSeaの運営側とは無関係の組織で、「NFTクリエイター、コレクター、NFTのエコシステムを支援するために立ち上げられた組織」と説明。

「SOS」というガバナンストークンの無料配布はすでに実施開始され、OpenSeaでNFTを売買したことのあるユーザーはMetaMaskなどのウォレットを接続させて該当するトークンの配布数を確認し、「Claim(受け取る)」することができる。*受け取るためには、イーサリアム(ETH)ネットワークのガス代を支払う必要がある。

また、受け取りの期限は、2022年6月30日までと設定されている。

出典:OpenDAO

SOSトークンの詳細

SOSの総供給量は100兆トークンで、配布割合については、OpenSeaのユーザーに50%、ステーキング報酬に20%、OpenDAO側に20%、そして流動性プロバイダーに10%充てられる。

また、OpenDAO側に分配される20%のトークンの用途に関しては、「OpenSeaで詐欺に遭った被害者への補償金や新興アーティストに対する支援、アート保存、NFTコミュニティの支援などで利用する」と説明した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します