仮想通貨取引所FTX、ステーブルコインを導入した銀行に1億円の報酬提示を示唆 

銀行にステーブルコイン取り扱いを呼びかけ

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは29日、銀行がステーブルコインの取り扱いを開始する場合、100万ドル(約1億円)を用意する可能性を示唆した。

FTXの公式アカウントは、次のようにツイートしている。

ステーブルコインの導入促進について考えている。銀行側を説得するために一体どれくらいのコストが掛かるのか。各エリアで最初に導入を決めた銀行に100万ドルを渡すというのはどうだろう。この件について議論したい銀行関係者はいないか?

導入が実現した際のメリットについては、「FTX利用者が、迅速かつ限りなく低い手数料で入出金できるようになる」ことを挙げた。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

FTX CEOの見解

FTXのSam Bankman-Fried CEOは8日、米下院で開催された仮想通貨に関する公聴会に証人として出席した際、ステーブルコイン規制について意見を表明していた。

ステーブルコインには、即時決済が可能で、仲介者やカウンターパーティーリスクを削減できるという利点があることに触れ、銀行並みの厳しい管理下で監督を行うと、こうした利点が減じてしまうと意見している。

また、ステーブルコインの裏付け資産の監査や、金融犯罪防止など基本的な要件は必要だが、これらは現行の規制環境を活用して満たすことができると続けた。

米ドルを裏付けとするステーブルコインは、米ドルの基軸通貨としての地位を守ることにもつながるという。

関連米国版FTX、国際スワップ・デリバティブ協会へ加入

Sam CEOは28日のツイートでも、再び規制のあり方を論じている。仮想通貨の中ではステーブルコインの規制が一番単純に実行可能だとして、次のように述べた。

最も重要なことは、オンショア市場(国内金融市場)に対して流動性を動かせるようにしつつ、現行規制で不足している点について協力して対処していくことだ。

ステーブルコイン規制は、おそらく最も単純だろう。報告、透明性、監査に基づくフレームワークを作成し、ステーブルコインがその言葉通り裏付けされていることを確認すればよい。そうすれば、問題の80%は解決し、ステーブルコインをオンショアで繁栄させることができる。

また、「オープンなネットワーク」の成長を確実にすることも重要だという。もしステーブルコインなどを扱えるネットワークを既存の銀行に限定すれば、その利便性は活かされないと意見する形だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します