米グレースケール、DeFi投資信託の運用銘柄を調整

AMPを新規追加

米暗号資産(仮想通貨)運用大手グレースケール社は4日、提供するDeFi投資信託「Grayscale DeFi Fund」で運用する銘柄の入れ替えを発表した。The Blockが報じた。

Grayscale DeFi Fundのポートフォリオに入っていたバンコア・ネットワーク・トークン(BNT)とウマプロトコル(UMA)を取り除き、決済ネットワークFlexaが開発したデジタル担保トークン『AMP』を新たに組み入れる予定だ。なお、BNTとUMAを運用から外す理由については説明していない。

AMPを含めたGrayscale DeFi Fundの構成銘柄の主な比率については、ユニスワップ(UNI)が42.33%、アーヴェ(AAVE)が13.06%、新規追加のAMPは7.39%になる。また、他にもコンパウンド(COMP)やカーブ(CRV)、スシスワップ(SUSHI)などDeFi分野の代表的な銘柄がポートフォリオに入っている。

グレースケール社が2021年7月にGrayscale DeFi Fundをローンチした。組成銘柄を四半期ごとに調整する仕組みになっている。

グレースケールとは

グレイスケール・インベストメントは、米国の世界最大の仮想通貨運用企業。機関投資家および適格投資家を対象に、ビットコインの価格と連動した「Grayscale Bitcoin Investment Trust(GBTC)」やイーサリアムの価格と連動した「Ethereum Trust(ETHE)」など多数の仮想通貨投資商品を運営する。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します