エルサルバドル、ビットコイン債券の法案策定進む

「ボルケーノ・ボンド」準備進む

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の関連政策に積極的なエルサルバドル政府は、ビットコイン債券の実現に向け法案を整備中であることがわかった。Alejandro Zelaya財務大臣が4日に明らかにした。

同氏はビットコイン債券を実現するための法整備を整えていると説明。仮想通貨関連の有価証券の発行などに関わる規制案を20件程用意していると述べた。

なお、法案の提出時期などについては具体的なタイミングは明かさなかった。

ビットコイン債券とは

ビットコイン債券は同国のナジブ・ブケレ大統領が昨年11月に計画を公表したもの。ブロックチェーン企業Blockstreamと連携して、10億ドル(1,100億円)分のビットコイン建の債券を発行することで、仮想通貨推進特区「ビットコイン・シティ」の設立資金に充てる構想だ。

関連:エルサルバドル、ビットコイン推進特区の都市構想発表

11月時点の情報では、調達した資金の50%はビットコイン・シティの建設に充てられ、残りの半分はエルサルバドル政府のさらなるビットコイン購入に活用される見込み。米ドル建てで勘定される年率6.5%の10年債券となっている。

ビットコイン・シティ自体はエルサルバドルが豊富に抱える火山を利用した地熱マイニングを行う地域。再生可能エネルギーの一種である火山の地熱発電を利用することで、環境負荷を抑えた形でのビットコイン採掘を行うほか、税制面での好待遇も用意する予定だ。

エルサルバドルは中南米の小国だが、仮想通貨に対する積極的な取り組みが目立っており、21年9月には世界で初めてビットコインを法定通貨として採用する法案を施行。同国のブケレ大統領を始め、ゴールドマン・サックスなどは2022年には同様の法案を採用する国が現れるとの予想も出ている。

また、国家として初のビットコイン保有も公表しており、9月から約4ヶ月間で累計1,391BTCを購入してきた。

関連:エルサルバドル政府、21BTCのビットコイン買い増し

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します