AscendEX 、機関投資家向けレンディングプロトコル「MPL」を上場

取引所AscendEX、MPLを上場

暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは、Maple Finance Token(MPL)を新たに上場したと発表した。取引ペアはMPL/USDTで、すでに取引が開始されている。

Maple Financeは、ブロックチェーン基盤の機関投資家向け資本市場を提供しており、資本市場をデジタル資産によって再定義することをミッションに掲げている。

MapleはDeFiの課題の一つとされてきた、過剰担保を必要としない仕組み(undercollateralized)のレンディングを機関投資家の借り手に提供し、貸し手には固定金利のインセンティブを提供する。

プロトコルは、機関投資家の借り手と、貸し手にとっても最も資本効率の良い選択肢を提供することを目指す。

Mapleは借り手、貸し手、ステーキングなど様々なユーザーを想定しており、特に借り手は透明性があり、同時に効率の良い資金調達手段を利用できるメリットがある。また、貸し手は、継続的に金利による収入を得ることができる。

レンディングプールについては、専門家で構成されたコミュニティがプールの被委任者(代表者)となり、デューデリジェンスを行い信用のおける借り手と条件を決定、こうして引き受けプロセスを分散化する。

現在のプラットフォームにおける借り手は、HFT業者、プロップトレーダー、マーケットメイカー、取引所、集権型貸し手などで、デルタニュートラル戦略への需要、ビジネスのための資金需要などがあるとしている。

ステーキングについては、借り手がデフォルト(債務不履行)した場合の損失のカバーにMPLをステーキングすることができ、ステーキングを行った側はリスクの対価として金利やMPLを含む報酬を得ることができる。また、MPLはプロトコルのガバナンスに利用される。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します