サムスン、メタバース「ディセントラランド」と提携

サムスンがメタバースに本格的参入

韓国大手サムスン電子の米国部門「Samsung Electronics America」は6日、ブロックチェーン基盤のNFT・メタバースプラットフォーム「ディセントラランド(MANA)」と提携することを発表した。

関連Decentraland(ディセントラランド)とは|メタバースと仮想通貨MANAの将来性

サムスンはこのパートナーシップをもってメタバースに本格的に参入。同社はディセントラランドからバーチャル土地(ランド)を入手し、ニューヨークにあるフラグシップストア「837」をディセントラランドで再現しオープンした。(以下がデモビデオ)

バーチャルストア「Samsung 837X」は、「Connectivity Theater」、「Sustainability Forest」、「Customization Stage」という三つのデジタル体験を提供。Connectivity Theaterではサムスンが出展する米大型ITイベント「CES 2022」の関連ニュースを配信。Sustainability Forestでは、参加者に持続可能な森林開発に関するデジタル体験を提供。そしてCustomization Stageでは、DJ Gamma Vibesのライブパフォーマンスを体験することができる。

また、Samsung 837Xが主催する「クエスト」に参加するユーザーは837XのNFTバッジを集めて限定NFTウェアラブルの抽選に参加することが可能。ウェアラブルの抽選はバッジ数によって異なる。1バッジが「Epic」アイテム、2〜3バッジが「Legendary」アイテム、そして4バッジは「Mythic」のアイテムに該当。当選者は7日(8:37PM ET)に発表する予定だ。

米国サムスンのマーケティングシニアVPを務めるMichelle Crossan-Matosは発表で「メタバースは物理的空間の制限を超えたユニークなバーチャル体験を創造する可能性を与えてくれる」とコメントした。

サムスンは4日に、NFT(非代替性トークン)の取引機能を統合した2022年モデルのテレビを発表したばかりだ。また、同社のVC部門「Samsung Next」は「Axie Infinity」や「The Sandbox」、「SuperRare」といったNFT・メタバースプロジェクトに投資した背景があり、メタバース関連の動きが注目される。

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。例えば、『The Sandbox』というゲーム内のメタバースでは、ボクセルアート制作ツールやゲーム制作ツールが提供されており、ユーザーはそのなかで自作のゲームや施設を作ることができる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します