米PayPal、ステーブルコイン開発中

「規制当局と連携」

米大手決済企業PayPalは独自のステーブルコインのローンチを検討していることが確認された。ブルームバーグが7日に報じた。

報道によると、開発者のSteve Moser氏がiPhone版のPayPalアプリで「PayPal Coin」というステーブルコインのコードと画像を発見し、ブルームバーグに共有。その後、PayPalの代表者はブルームバーグに対し、コードと画像は最近PayPal内部で開催されたハッカソンによるもので、完成したものではないと説明した。

また、同社の暗号資産(仮想通貨)・デジタル通貨部門のシニアVPを務めるJose Fernandez da Ponte氏はブルームバーグへの声明で、「我々は現在ステーブルコインの可能性を検討している。仮にローンチなどを進めるとすれば、規制当局と連携することになる」と話した。

ステーブルコインは決済・送金の領域で効率が高いブロックチェーン技術とされている。昨年5月にも、PayPalが独自のステーブルコイン発行を検討していることが報じられた。当時は、PayPal社がAva Labsなどの開発団体らと会議を重ねている段階だった。

関連PayPal、独自のステーブルコイン発行を検討か=報道

PayPalは積極的に仮想通貨の関連サービスを提供する大手決済企業だ。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の4銘柄の売買サービス、オンライン決済サービスも提供している。

関連米PayPal、新アプリで仮想通貨決済を開始

関連初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します