仮想通貨取引所フォビジャパン、シンボル(XYM)上場へ

フォビジャパンにXYM上場へ

暗号資産(仮想通貨)取引所フォビジャパンは11日、取引所サービス(板取引)にてシンボル(XYM)を13日より取り扱い開始することを発表した。

取引開始時刻は13日15時頃を予定。フォビジャパンの新規取り扱いは2021年9月のTRXとQTUMの上場以来だ。

これにより、13日以降の取扱通貨は以下の15銘柄となる見込みだ。

シンボルの国内上場事例

シンボルはネムの大型アップデートで、エンタープライズ(企業や公的機関)のハイブリッドシステム向けに開発されたブロックチェーン。ネムと比較しセキュリティや処理能力などの点で優れている。

関連:シンボル(XYM)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

パブリックチェーンおよびプライベートチェーン間での互換性があるため、ビットコイン、イーサリアム、ネムなど他のブロックチェーンとの連携もできるよう設計されている。商品の真正性を保証し追跡記録を残すこと、IoT(モノのインターネット化)デバイスとの連携など様々なユースケースが想定される。

関連:シンボルのハードフォーク「キプロス」、実装完了

XYMの国内取引所での取り扱いはZaif、サクラエクスチェンジビットコイン、GMOコイン、bitbankに続き5例目。また、コインチェックとbitFlyerも2022年3月までに取り扱い開始する方針を発表している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します