米国版FTX、ソフトバンクなどから460億円調達

初の資金調達

グローバル暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの米国事業体「FTX.US」は26日に、シリーズAラウンドで460億円を調達したことを発表した。

シリーズAに参加したのは、SoftBank Vision Fund 2、シンガポール政府系ファンドTemasek、大手VCのParadigmやMulticoin Capital、Lightspeed Venture Partnersといった企業だ。また、今回はFTX.USの初めての外部調達で、企業評価額が9,000億円に達するという。

ソフトバンクグループは昨年FTXの1,000億円の調達ラウンドにも参加した経緯がある。

関連FTX、約1,000億円を調達 ソフトバンクやコインベースなども参加

FTX.USは2020年5月に米国でローンチされた取引所で、コインベースやクラーケン、ロビンフッドと競争し顧客基盤の拡大を狙っている。現物取引やNFT電子市場を提供するほか、昨年には米国の仮想通貨デリバティブ取引所LedgerXを買収し、デリバティブ商品の提供も計画している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します