米コインベース、ソラナ基盤の銘柄に対応か=報道

SPLトークン規格にも対応か

米最大手暗号資産(仮想通貨)コインベースは27日、ソラナ(SOL)のエコシステムトークンに対応する可能性が浮上した。CoinDeskが関係筋の内容として報じた。

確実な情報ではないが、関係筋の話によると、ソラナのトークン規格「SLP」の入出金に対応する予定のようだ。SLPはイーサリアムの「ERC20」のようなトークン規格。なお、どのようなSLP銘柄が今後上場するかは定かではないが、米ドルステーブルコインUSDCのSLP版にも対応する情報があったという。

コインベースはこれまで主にERC20の銘柄を上場させてきた。ソラナやアバランチ(AVAX)コスモス(ATOM)といったレイヤー1の銘柄も取り扱っているが、それぞれのエコシステムに関連する銘柄にはいまだ対応していない。

一方、同社のBrian Armstrong CEOは昨年6月に「合法な限り、すべての暗号資産を取り扱いたい」とツイートしたことから、イーサリアムエコシステム以外のレイヤー1ネットワークのエコシステムにもリーチし得るだろう。

関連ソラナネットワークで断続的なトランザクション障害発生

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します